格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、格安スマホ「LINEモバイル」の成分多め

【解説】ポケットWi-Fi「601ZT」の特徴と他機種(603HW,506HW)との比較

Pocket WiFi 601ZT - ZTE Japanより引用> 

YmobileのポケットWi-Fiに新しい機種が加わることになりました。機種はこれまでも何度か販売されていたZTEのモデルになります。

今回はこのZTEの「601ZT」の基本性能に加え、これまで販売されている603HWや、506HWとの比較、選ぶべきポイントの解説を行なっていきたいと思います。

それではいってみましょう!!

結論を言えば「カラー」とバッテリーで選ぶ端末

この601ZTは、通信量を無制限で使えるアドバンストオプションの対応端末ではないため、比較対象としては、506HWが正当なライバルになります。

この506HWと比較して、通信面では決定的な優位点(違い)はありません。

違いはカラーと、バッテリー容量のため、この2点で選ぶべき端末と言えます。個人的には、バッテリー容量の大きい新型の「601ZT」の方がおすすめです。

 

601ZTの基本特性と他端末との比較

506HWとの通信環境の比較

それでは、詳しく601ZTと506HWを比較していきたいと思います。

まず、快適にネットの通信ができるかどうか? の基準になるアップデートとダウンロードの最大通信速度を比較してみると、両者ともにダウンロード112.5Mbps、アップロード37.5Mbpsとなっています。

対応周波数も、「900MHz、1.7、2.1、2.5GHz」と全く同じとなっているため、差のつけようがありません。他にも無線LANはb/g/nですし、接続最大台数も10台と二つの間で差はありません。

つまり、この2機種に通信速度環境でのスペック的な差はないと言えます。

 

バッテリー容量が大きく異なる

スペック面で見た時の601ZTと506HWの一番の違いは、バッテリーの容量です。601ZTは2000mAhであるのに対して、506HWは1500mAhしかありません。

その差は、連続起動時間にも影響しています。

項目 601ZT 506HW
バッテリー容量 2000mAh 1500mAh
連続駆動時間 8.5時間(省電力OFF)
10時間(省電力ON)
6時間
連続待受時間 1050時間 440時間

 

ポケットWi-Fiにおいて、見た目よりも特に重要なのが、バッテリー容量。持ち出ししている最中に電源が落ちてしまう程こそ、厳しいものはありません。

601ZTは506HWと比較しても、大きめのバッテリー容量を持っているため、その分、連続使用時間も長くなっています。

 

重量(質量)も異なる

バッテリーの容量が変われば、もちろん重量も変わってきます。しかしながら、601ZTと506HWの差は、下記の表に示した通り20グラムほどしか差がありません。

項目 601ZT 506HW
重量 93g 75g

 

20グラムで連続使用時間が省電力モードオンの状態で10時間もあることを考えれば、十分なメリットと言えるでしょう(506HW場合は連続使用時間6時間)。

 

カラーバリエーションの多さ

601ZTの最大の魅力は、これまでPocketWiFiにはなかったからバリエーションの多さといえます。全部で3色用意されており、白、青、ピンク色となっています。

 

どれもポップのカラーになっており、これまでビジネスライクのように見えることの多かった、PocketWiFiと比較してむしろカジュアルに持てる端末になっています。

506HWには、白と黒の端末しかなかったため、カラーバリエーションの多さは601ZTのメリットと言えるでしょう。

 

ポケットWi-Fi「603HW」との比較

ポケットWi-Fiには、さらに上位のグレードである603HWという端末があります。こちらとは全く異なります。

603HWの場合は、601ZTが通常使う4G LTE回線に加えて、アドバンストモードと呼ばれるモードを備えています。このモードでは、4G LTEよりも使用エリアが狭くなる代わりに、通信量を無制限で使えるモードとなっています。

下記の記事では、506HWと603HWをもとに、「Ymobileならどの端末を選ぶべきか?」を使う人に合わせてまとめた記事を書いています。506HWを、今回の新機種601ZTと置き換えて読んでいただければと思います。

【関連】【意外と簡単】Ymobile(ワイモバイル)のポケットWi-Fiプランと機種の選び方(使えるエリアも解説) 

 

601ZTのまとめ

これまで販売されてきた506HWと比較して、スペック面ではバッテリーの優位性が、そして外観面では、カラーバリエーションの多さが魅力となっている601ZT。

100g以下の端末で、しかもポップなカラーリングが多いので、MacBookを持ち出してノマドで作業する女子にはぴったりのモバイルルーターかもしれません。

実際に使ってみて、Ymobileの4G LTE回線はとても快適に使えるので、ぜひ検討してみてくださいね。

公式HPで601ZTを見てみる→Y!mobile

 

ちなみに、ポケットWi-Fiで悩んでいる人は、WiMAX2+も検討している人が多いと思います。実際にどちらがお得か(どんなキャンペーンがあるか)を、記事にしてまとめているので、よければこちらも参考にしてみてください。

【参考記事】【どこが安い?】モバイルルーターを徹底比較!おすすめはコレだ!