格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、格安スマホ「LINEモバイル」の成分多め

【2017年5月】NifMo(ニフモ)のスピードテスト結果まとめ

格安SIMでもっとも重要な要素は「通信速度(ダウンロードスピード)」です。会社によって、かなり開きがありますし、この数値が低い場合は使い物になりません。

Nifty(ニフティ)が提供している格安SIMのNifMo(ニフモ)は通信速度が早い格安SIMとして非常に有名な会社です(過去に通信速度部門で受賞歴もあるくらい)。

今回は、そんなNifMoの通信速度について、実際に測定の上レポートしてみました。それではいってみましょう。 

2015年5月の測定結果

測定に使用した端末

今回スピードテストの測定に使用した端末はNifMoから公式に販売されているHuawei nova(ファーウェイ ノヴァ)です。高性能でとても使いやすい端末です。ピンクゴールドが綺麗なので、女性にもおすすめのスマホ。

 

このnovaは最大受信速度が225Mbpsでキャリアアグリゲーション対応モデルとなっています。

また、スピードテストに利用したアプリは「ookla」のスピードテストアプリです。

 

スピードテスト測定結果

結論から言えば、NifMoはさすがの速度が出ています。朝、昼の時間帯ではなんと20Mbps越え。最大で40Mbpsも超えているので、使い勝手で困ることはまずないはずです。帰宅ラッシュ時でも10Mbpsにせまる勢いです。

 

一方で、格安SIMの弱点である12:00~13:00の通信速度は遅く、1Mbps以下となっています(NifMoに関わらずこの時間帯はほとんどの格安SIMが弱い)。

NifMoのサービスが始まったばかりのころは、1Mbpsを超えていることもあったのですが、これはちょっと残念なところです。

また、今回の測定結果では21時台の速度が落ちています。少し気になりますが、この時間であればほとんどの人が家にいてWi-Fi接続していると思うので気にしなくても良いかもしれません。

 

PING(ネットの反応速度)について

PINGはインターネットの反応速度を示す値です(数字が低いほど、反応するまでの時間が短いということ)。NifMoの結果をみると優秀だなぁと思うのが、30ms台が出ていること。

 

ほとんどの格安SIMは50ms以上が多いので、NifMoのPINGがいかに優秀かがわかります

ただちょっと気になるのは夜の数字が高いこと(12時台はしょうがない)。まぁ、ダウンロードスピード同様に夜は家にいる人が多いと思うので、家のWi-Fi速度依存になると思いますし、あまり気になくてもいいのかもしれません。

 

アップロードスピード

アップロードのスピードについては、NifMoは言うことなし。このスピードで文句が出る人はほとんどいないはずです。

LINEのアップロードやiCloud、Google photoへの同期などで困ることはまずないでしょう。格安SIMの中ではトップクラスの性能です。

 

NifMo(ニフモ)のスピードテストまとめ

速度が変化しやすい格安SIMの中では、非常に安定しているSIMがこのNifMo(ニフモ)です。通信速度が速くて、とても使いやすく、非常に良いSIMですね。

通信速度だけでなく、NifMoにはバリュープログラムという、格安SIMの料金をさらに安くするプログラムがあります(アプリのインストールなどで安くなる)。格安SIMの料金をもっと安くしたい人は必見のプログラムですよ。

【関連】使わないと損!NifMoのバリュープログラムが凄いので使い方をまとめてみた

 

キャンペーンについて

NifMoは通信速度が速い以外にも、キャンペーンのキャッシュバックが非常に大きいことで有名な格安SIMです。せっかく乗り換えるなら安いSIMだけでなくお得に乗り換えたいですよね。

本当に、NifMoのキャッシュバックはお得なので要チェックです。キャッシュバックを含むキャンペーンについては下記でまとめているので参考にどうぞ。

【関連】【2017年4月更新】ニフティの格安SIM「NifMo(ニフモ)」のキャンペーン情報まとめ