格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、格安スマホ「LINEモバイル」の成分多め

WiMAX2+が圏外なら、SIMフリーモバイルルーターの方が良い?【体験談と比較】

WiMAX使いの私が圏外に近い場所で使ってみた経験談と、その対策方法であるSIMフリーモバイルルーターについて、実際にどちらも使ってみた上での比較、体験談を、エリア、スピード、価格の観点から考えてみました。

特にこの記事はWiMAX2+のエリアに自分の住んでいるところが入っているかどうか怪しいなぁ・・・という人にこそ一度目を通してほしい記事です。それでは、いってみましょう。

WiMAXの電波が弱くスピードが低下

私がこれまで通っていた場所は、カフェでパソコンしていても、全く問題なく仕事ができる環境でした。もちろん、WiMAXの電波強度がとても強いところでした。

しかし、別のカフェに行くようになってから、WiMAXの電波が弱い・・・という事態に出くわすようになりました。

現在は、Speed WiFi NEXT W04を利用していて、電波はいつも2本。明らかに通信スピードが落ちて、仕事の効率が下がりました。

 

WiMAXの電波エリアはスマホ程広くはない

これからWiMAXを契約しようとしている人に知っておいて欲しいこと。それがギガ放題が使えるWiMAX2+のエリアは、通常のスマートフォン程広くはないということです。

まず、WiMAX2+のエリアを下記に示します。

 

一方、山が多い地域に移してみます(特に富士山に注目)。富士山の山頂付近ではあまりWiMAXの電波が届いていないことがわかります。

 

ここで、LTEエリアを見てみます。富士山の山頂あたりでもLTEのエリアが届いていますね。

 

このように見比べていただくとはっきりとわかりますが、WiMAXのエリアというのは、一般的なスマートフォンの電波エリアよりも狭くなっています(都心部では、通信エリアが充実しているため、心配ないですが)。

今回は「富士山の付近」という極端な例を出しましたが、人によっては「あれ、我が家のエリアでは使えるのかな?」と思う人もいるんじゃないかと思います。

 

LTEエリアが使えるハイスピードプラスエリアモード

WiMAX2+には、実は「ハイスピードプラスエリアモード」と呼ばれる、auのLTE回線(スマートフォンと同じ回線)が使える仕組みがあります。

これを使う事によって、WiMAX2+のエリア外であっても、auのエリア内であれば通信を行う事ができます

しかし、ハイスピードプラスエリアモードには通信データが7GBまでしか使えないというデメリットがあります。

1カ月間、ハイスピードプラスエリアモードにしてずっと繋ぐのは、通信容量制限の問題から、あまり現実的な方法とは言えません。

また、ハイスピードプラスエリアモードの場合、通常のWiMAXの支払いに加えて、1005円/月の使用料金が掛かる、という欠点があります。

 

auを使っているなら、auスマートバリューmineを付ける事で、ハイスピードプラスエリアモードは無料で使えます。

また、本家のUQ WiMAXで3年契約する場合もハイスピードプラスエリアモードを無料で使う事ができます。

 

SIMフリーモバイルルーターはLTEエリアで利用可能

 WiMAXのギガ放題のエリアが怪しい場合には、SIMフリーモバイルルーターに格安SIMを入れて使う方法があります。

私はMR04LNという機種を使っていましたが、SIMフリーモバイルルーターの最大の強みは、通信エリアの広さです。

この場合、エリアはdocomoのLTEエリアを使う事になるため、WiMAXよりも広い、通常のスマートフォンのエリアで使えるようになります。

最近は、格安SIMの通信料金の下落が大きく20GBプランであっても、WiMaxと同じくらいの月額値段で利用することができます(下記は、マイネオの料金)。

月額通信量 料金
20GB 3980円
30GB 5900円

 

20GBや30GB以上使うのであれば、また他の方法を考えなければいけませんが、この方法であれば、ほとんどエリアを気にすることなく、大容量プランで、外周先でもパソコン作業を進める事ができます。

もしスマートフォンにテザリング機能が付いているなら、格安SIMを契約の上、プランを大容量にしてパソコンに接続するのも良いかもしれません。

 

【注意ポイント】2年使った場合、WiMAXの方が安い

SIMフリーモバイルルーターとWiMAXと比べた時の弱点は、価格です。

実際にSIMフリーモバイルルーターを契約した場合とWiMAXを契約した場合の2年の料金を比較してみました(WiMAXは、特にキャッシュバックが大きいGMOとくとくBBで計算しています)。

  GMOとくとくBB マイネオ
通信量 使い放題(※) 20GB/月
端末代 0円(キャンペーン) 約10000円
1~2ヶ月目 2690円 3980円
3~24ヶ月 3340円 3980円
キャッシュバック 約30000円 0円
合計 48860円 105520円

※WiMAXには三日間で10GBの制限があります。 

 

比べてみるとはっきりとわかりますが、WiMAXの方が月額料金も安いですし、キャンペーンの金額がWiMAXの方が大きいので、2年間で使った料金は圧倒的に安くなってしまいます。

 

SIMフリーモバイルルーターを使う前にTry WiMAX

自分の住んでいる地域、または通信エリアが怪しい時は、勝手に判断して契約するのではなく、「Try WiMAX」で借りてみる事をおすすめします。

 

Try WiMAXを使えば15日間は無料で使う事ができるため、この間に利用を継続するかどうかを決める事ができます。

 

電波が怪しいなら契約は絶対にWX03で

エリアが怪しい、少しでも良い条件で電波を受信したい!という場合は、端末をWX03を選ぶことをお勧めします。

その理由は、WX03はW04と違って、クレードルにアンテナを強化する技術が組み込まれているからです。

クレードル1つで電波が変わる可能性があるならぜひとも対策しておきたいところですね。

 

Try WiMAXでWX03がダメな時は

この場合はSIMフリーのモバイルルーターを選ぶしか選択肢はありません。本当は、WiMAXの方が安いし、速度も出るんですけどね。

あくまでも、SIMフリーモバイルルーターは、通信速度の観点から見ても、料金の面からも最終手段ととらえてもらう方が良いでしょう。

 

WiMAX2+が圏外(アンテナが弱い時)のまとめ

ここまで書いたように、どうせモバイルルーターを使うのであれば、絶対にWiMAXの方がオススメです。その理由は以下の通り。

  1. 速度はWiMAX2+の方が断然速い
  2. 3日間10GBの制限はあるが、それ以外なら使い放題
  3. 2年間の通信料金がWiMAXの方が安い

 

このように、SIMフリーモバイルルーターにはあまりメリットがありません。

あくまで、WiMAXの電波が悪くて使い物にならない時にこそ、最終手段としてSIMフリーのモバイルルーターを使うようにすることをおすすめします。

もしモバイルルーター選びで悩んでいるなら、下記の記事で現在提供されているモバイルルーター一覧を比較しているのでよければ参考にしてみてくださいね。

【参考】【どれがいい?】モバイルルーターを徹底比較!おすすめはコレだ!【WiMAX、ポケットWi-Fi】