格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、格安スマホ「LINEモバイル」の成分多め

【通信速度が速い!】iPhoneSEを使うならUQモバイルがオススメ!実際に使って感じたその理由

最近、iPhoneSEにUQmobile(ゆーキューモバイル)を入れて使っているんですが、めっちゃ快適です。

これまでiPhoneSEを色々な格安SIMで試してきましたが、キャリアの通信品質(速度)を落とさずに使うなら、iPhoneSE×UQmobileが現時点では最強です。この記事では、その理由について、実体験を踏まえてレビューしていきたいと思います。

(追記)

iPhoneSEがUQモバイルから公式で取り扱われることが決定しました。女性におすすめのローズゴールドも含め、全てのカラーを取り扱っており、分割払いで最低2980円〜、端末を一括払いしておけば880円で使うことができますよ。詳しくは UQモバイル 公式で確認ください。

昼間の回線速度の低下がほぼなく、とても快適

まずは、UQmobileをiPhoneSEで実際に測定したデータがあるのでこちらを見てください。

格安SIMのほとんどが、お昼休みの時間帯(12:00~13:00)の間にスピードが落ちるケースがほとんどなんですが、UQmobileはほとんど落ちません。

12時台に2回測定しているのですが、1回目は11.87Mbps、2回目で70.24Mbpsというとんでもない速度になっています。ここらへんが普通の格安SIMとサブブランドの違いですね。

 

このように昼(12:00~13:00)もほとんど変わらない格安SIMは珍しく、現時点ではキャリア直系のサブブランドであるUQmobileとY!mobileくらい。

どんな時間でも快適に使えるということで、ほとんど3大キャリアと同じように使えるといっても過言ではありません。

 

2017年4月追記

UQモバイルの速度測定を改めて行った結果、下記のように、ほぼ100Mbpsというダウンロードスピードを記録しています(100Mbpsなら、固定の光インターネット回線とほぼ同等のスピードです)。

 ダウンロード速度PING
15:00 104Mbps 59ms
17:30 97Mbps 48ms
21:00 98Mbps 47ms

 

測定だけでなく、実際に使っていてインターネットが快適に見れますし、アプリのダウンロードやゲーム、電子書籍の閲覧も全く問題なし。YモバイルとUQモバイルは同じ大手キャリアのサブブランドですが、UQモバイルの方が、通信速度に関しては一歩リードしているイメージです。

 

UQモバイルならiPhoneのテザリングが使える

パソコンやタブレットへ電波を飛ばして、そちらでも通信可能にする「テザリング」という機能が最近の格安SIMには搭載されていますが、UQmobileの場合はiPhoneでもこの機能も使うことができます

Softbankの直系であるY!mobileはUQmobileとほとんど同じ回線スピードを誇りますが、テザリングはできません。

iPhoneを使って、パソコンを外で通信する必要がある人は、UQmobile一択になってしまいます。

 

(ちょっとマニアックな話)

au系の格安SIMといえば、mineoやIIJが取り扱いがありますが、これらの格安SIMのau回線を利用するプランは、全てテザリングが使えません。

「大元のauが、テザリング機能を解放している格安SIMはUQモバイルだけ」というのもの、UQモバイルのメリットですね。

 

@uqmobileはキャリアメール扱い

UQmobileのメールアドレスは、他の格安SIM事業者と違ってキャリア扱いとなっています。そのため、受信側でメールが弾かれにくいというメリットがあります。

※銀行でメールアドレスを登録するとき、大手3キャリアじゃないとダメと言われた経験がありますが、過去面倒だったのはそれくらいです。

 

iPhoneSEだけでなく、対象端末は同じように使える

iPhoneSEだけでなく、UQmobileで対応とされている端末は、他のiPhone端末も同じように使う事ができます。

docomoやsoftbankの端末であっても、それぞれの公式ショップでSIMロックを解除すれば、問題なく使えます(auのiPhoneはそのまま使えます)。

 

また、iPhone7が発売されたことで影が薄くなっていますが、実はapple storeでiPhone6sは安くなって、販売されています。

iPhone6シリーズもSE同様にほとんどの機能が使えるので、UQmobileで使うのはアリだと思いますね。

 

iPhone7,7Plusはテザリングが使えないので注意

今回のiPhoneSEの話がそれますが、UQmobileをiPhoneで使う上で、注意しておかないといけないポイントが、iPhone7、7Plusを使う場合。

7シリーズは何故かテザリングに対応していません(実際に使ってみて、確認済み)。もしUQmobileと7シリーズを使おうと思っている人は注意した方が良いでしょう。 

 

まとめ:大手キャリアとほぼ変わらないUQmobile

キャリアから格安SIMにして安くしたいという人はやっぱり数多くいると思います。でも同時に、今の快適さを落としたくないという人もいるでしょう。

現時点で、テザリングを含めiPhoneSEの性能をフルに使いながら通信速度を快適に使うことができるのは、UQmobileだけ。 

iPhoneSEで格安SIMをいつでも快適に使うなら、UQmobileが絶対にオススメです。

 

追記:UQモバイルでのiPhoneSEの取り扱いについて

2017年3月からUQモバイルでiPhoneSEの取り扱いがスタートしました。iPhoneSEは、iPhone7(7Plus)と異なり、本体価格がもともと安くなっています。UQモバイルでiPhoneSEを買った場合も同じように、性能を考えれば、安く購入することができます(iPhoneSEの性能はiPhone6sと同レベル)。

公式オンラインショップで、分割払いでシミュレーションしてみると、3218円(税込)でiPhoneで使うことができます。

 

また、iPhoneSEを一括払いしておけば、マンスリー割をそのまま適用できて、なんと月額950円(税込)で運用することができます。安すぎでしょ・・・。

 

iPhoneSEはSIMフリーで購入することもできますが割引額やUQモバイルの通信速度を生かすことを考えると、UQモバイルの方がお得な感じがしますね。

 

UQmobileの公式HPでシミュレーションしてみる→UQモバイル