格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、格安スマホ「LINEモバイル」の成分多め

【徹底解説】docomo版XperiaZ5(SO-01H)でLINEモバイルにMNPで乗り換える方法

LINEモバイル、通信速度が快適でSNS使い放題なんで、格安SIMの中でも激増してると、公式で発表が先日ありました。

確かにこのブログでも、LINEモバイルについて、実際に使ってみて感じた内容について、詳しく書いた記事が、月2000人くらいの人に読まれているので、やっぱり人気みたい。

 

LINEモバイルに乗り換える人の中には、今使っているdocomo端末を使って、乗り換えたい!という人もたくさんいるはず。そこで、android端末の中でも特に使っている人の多いXperiaシリーズを使って、LINEモバイルの申し込み、説明について紹介していきたいと思います。

今回の例ではXperiaを使ってますが、XperiaXZや、Z5Premiumも含めdocomoのandroidであれば同じように設定できるので、参考にしてみて下さい。

LINEモバイルで使用するXperiaと大まかな手順

今回、テストで使う端末はXperiaZ5です。指紋認証を始めて搭載したXperiaですね。指紋認証はイマイチでしたが、国産の中では随一の性能なので、動きはサクサク。

処理能力を考えても、格安スマホだと同じレベルの端末は少し値段を出さないといけないのと、カメラの性能がXperiaの方が段違いに良いので、ぜひそのまま使いたい端末です。高いですし。

実際に、XperiaZ5をLINEモバイルで使うにあたって必要なことは次の3つです。

  1. docomoでMNP番号を取る
  2. 公式HPでLINEモバイルに申し込む
  3. 電話番号を移行+インターネット接続設定

 

まずはdocomoでMNP番号を取得

一番初めにすることは、docomoで電話番号をそのまま移せるMNP(ナンバーポータビリティ)番号を取得することです。方法は次の二つです。

  • My docomo(インターネット)で受付
  • docomoの電話窓口で受け付け(ドコモのスマホ:151、その他:0120-800-000)

 

My docomoで受付をする場合は、ログインしてから、ドコモオンライン手続きにて行う事ができます。ただし、3回線以上でファミリー割引を組んでいる人などはオンラインでは手続きができません。

docomoの電話窓口の場合は、午前9時~午後8時までの受け付けですが、こちらには、MNP申込の制限はないので、「あまりスマホが得意じゃないよー」という人は電話で相談してみるのがいいでしょう。

 

MNP番号を取得したら、すぐにLINEモバイルに申し込むようにして下さい。その理由は、MNP番号には有効期限があるから(有効期限が10日残っていないと申し込むことができません)。

LINEモバイルでの受付の途中でMNPの有効期限が切れると、非常に厄介なのですぐに手続きするようにしましょう。

 

LINEモバイルに申し込み

次にLINEモバイルに申し込みを行います。ホームページ右上の、「申し込み」から行うことができます。ここで必要な物は、次の3点です。

  1. docomoのMNP番号
  2. クレジットカード(もしくはLINE PAYカード)
  3. 身分証明書

 

この3つがあれば、MNPで申し込みが可能です。申し込みの方法については、下記のページでまとめていますが、基本的に名前、住所の入力等の簡単な入力だけなので、手続きは簡単で10分あれば、すぐに終わります。

 

ここで「クレジットカードを持ってないよー」という人もいるかもしれません。格安SIMはクレジットカードでの申し込みが普通なのですが、LINEの場合はLINE PAYというプリペイドカードを使えます。そのため、クレジットカードを発行しにくい人(例えば、大学生)でも使う事ができます。

LINE PAYカードの申し込み方法については、次のページでまとめています。

 

LINEモバイルの配送・MNP手続き

受付が完了すると、LINEモバイルから、SIMカードと設定の説明書が送られてきます。僕の場合は、申し込みから2日で届きました。めっちゃ速いです。

到着したら、MNP受付窓口へ電話をします。LINEモバイルのMNP受付番号は下記の通りです。電話してから、2時間程度でLINEモバイルが使えるようになります。

  • 0120-889-279(LINEモバイルMNP窓口)

 

電話、インターネットが使えないのは基本的にこの2時間だけです。時間に余裕があるときに行ってください。

 

インターネットの接続設定

中にSIMカードが入っているので、台座からカードをを外して設定をしていきます。まず、XperiaのSIMトレイを出してきます(電源はOFFにしておいて下さい)。

 

余談ですけど、XperiaZ5のSIMトレイは爪で出すよりも、つまようじや、SIMピンで端っこひっかけるようにすると楽に取り出せます。このSIMトレイに、先ほどのSIMカードを載せて、元通りに直します。

 

電源を入れます。この時点では、インターネットに接続されていないので、まだ使う事はできません。次に、接続設定を行います。

「アプリ ⇒ その他の設定 ⇒ モバイルネットワーク設定 ⇒ APN設定」をタップしていきます。

 

この時点では、格安SIMに接続するための情報が全く保存されていない状態なので、LINEモバイル用の設定を行います。

 

それぞれの入力値は下記の通りです。ここで、下記に書いていない項目もたくさんありますが、入力する必要はありません。

  • 名前:LINEモバイル
  • APN:line.me
  • ユーザー名:line@line
  • パスワード:line
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP

 

最後に入力したアクセスポイント名を保存した上で、選択しておけばLINEモバイルの設定は終了です。

 

この時点で「4G LTEに接続しない(アンテナのところがHのまま)」の場合があります。その場合は、一度、機内モードにするか、再起動するとうまくいくことが多いので、試してみて下さいね。

 

LINEモバイルのスピードテスト

LINEモバイルは、ユーザー数が激増しているんですけど、サブブランド(YmobileやUQmobile)を除けば、ダントツで速い格安SIMとして有名です(むしろサブブランド並みに出ている)。特に昼間のスピードは、他の格安SIMと比べ物にならないです。

スピードテストの結果はこちら。ほんと格安SIMとは思えないスピード(特に昼間)。異常かと思うくらいめちゃくちゃ速いです(もちろんインターネットを開いた体感速度も速い)。

(※ダウンロードが10Mbps出ていればYoutubeをハイビジョンで見ても、スムーズに見れるレベルです:一番左の数字がダウンロード)

 

このスピードがありながら、しかもLINE、Twitter、Facebook、instagram等のSNSも無料ですからね。LINEモバイルは信じられないくらい凄いです。

 

 

docomoで使っていて出来なくなること

値段がキャリアよりも大幅に安くなる(3GBなら1690円)LINEモバイルですが、docomoから変更してできなくなることもあります。次の3つに当てはまる人は、高いですけど、素直にdocomoを使い続けた方が良いです。

 

キャリアメール(@docomo.ne.jp)

docomo.ne.jpのメールアドレスが無くなります。さらにLINEはメールアドレスを提供していないため、gmailなどのフリーメールを使う必要があります。

これで困るのは、フリーメールをはじかれるような連絡先がある人(例えば、銀行や会社へのメール等)。こういう人は利便性が一気に落ちてしまうので、安さにつられないようにしてください。

ちなみに、僕はメールでの連絡をやめたので(連絡は全てLINE、LINEを使っていない人は電話かショートメール)、キャリアメールを使う事はなくなりましたね。

 

電話のかけ放題サービス

キャリアの一つのメリットが、電話のかけ放題サービスです。LINEモバイルには現時点では、電話かけ放題サービスがありません(2017年夏にスタートする予定)。

プライベートはいいですけど、LINEの無料通話ですべて済ましてしまうのですが、ビジネスはそうはいきませんよね。ビジネスメインの人は、通話定額がスタートしてからが良さそうです。

 

【詳しい人向け】テザリング

スマートフォンを無線LAN代わりにして、パソコンやタブレットにテザリングで繋ぐ人がいると思いますが、docomoのandroid端末を使うと、テザリングができなくなります

キャリアで使用していた端末のままテザリングをする場合は、SIMフリー化すれば使えます。SIMフリー化は、My docomoから手続き(無料)を行うか、ショップで手続きした上で、Softbankもしくは、auのSIMカードを使って、ロックを解除する必要があります。

iPhoneの場合は、SIMロックを解除しなくても、テザリングを使う事ができるので、こちらは簡単です。

 

XperiaでLINEモバイルがオススメな人

上のデメリットに当てはまらなくてdocomoを使っている人は間違いなくオススメなんですけど、中でもオススメなのは、Twitter等のSNSの使用頻度が高い人。絶対にラインモバイルが良いです。

それと、クレジットカードが申し込めない人。このタイプもLINモバイルがベストです。プリペイドカードのLINE PAYが使えるのは大きいですね。特に大学生はおすすめな理由を別記事でまとめているので、よければどうぞ。

 

XperiaでLINEモバイル乗り換えまとめ

docomoのXpeiaを使っているなら、auやsoftbankと違って端末を購入する必要がないので、簡単に乗り換えが可能です。文章だけ見ると、難しそうに感じるかもしれませんが実際には、申し込み10分、SIMカードのMNP電話+インターネット設定10分動けば、終わります

LINEモバイルは通信スピードが速く、普段使いで十分使えるSIM。通信量が一人あたり2000円くらいになったら、本当に助かります。

値段も安いし、スピードも速くて、SNS使い放題なんで、他の格安SIMがしょぼく見えちゃうくらい凄いLINEモバイル。このままの快適さでいけば、LINEモバイルが順調にシェアを伸ばすでしょうね。

 

LINEの公式HPを見てみる ⇒ LINEモバイル