読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM情報局:ちょさき!!

最近、LINEモバイルの成分多め

Y!mobile(ワイモバイル)でiPhoneSE(SIMフリー版)を使ってみました

Y!mobile iPhone、andorid

f:id:tonashiba:20160731080249j:plain

Y!mobile×iPhoneSE、めちゃくちゃ快適ですね。どもども、タカサキセイゴです。

サブスマホとして使っているiPhoneSE。docomo系の格安SIMやau系の格安SIMを使ってみたりして、遊んでいます。そうすると、Softbank系の格安SIM「Y!mobile」を試したくなるじゃないですか。

そんな物欲に勝てず、契約しましたY!mobile。他の格安SIMと違い自前で回線を持っているだけあってやっぱり快適でした。今回は、「iPhoneSEをY!mobile(ワイモバイル)で使うまでのまとめ」です。

(追記)iPhoneSEがYmobileで正式に取り扱うことが決定しました。発売は2017/3/25(土)からです。公式HPでも取り扱いが出ているので参考にしてみてください。

使用したiPhoneのはSE

f:id:tonashiba:20160731080300j:plain

今回使用したiPhoneは、Apple storeで購入したSIMフリーのiPhoneSE(16GB)です。外見は、iPhone5シリーズですが中身はiPhone6sなので性能はピカイチですね。

 

Y!mobileのSIMカード

格安SIMを契約したことのある人ならお分かりになると思いますが、格安SIMは通常docomoやauから回線を借りうけることで、使用できるようになります。そのため、SIMカードはdocomoやauのカードのまま送られてきたり、場合によっては印字されていないタイプのカードもあります。

一方、Y!mobile(ワイモバイル)はちゃんとトレードカラーの赤色を基調としたものがプリントされています。改めて見ると、真っ赤ですね(笑)。今回は、iPhoneSEで使用するので、一番小さい「nanoSIM」になります。

f:id:tonashiba:20160731080307j:plain

 

このSIMカードを取り出し、iPhoneに自分でセットします。iPhoneのSIMスロットは横側にあり、小さな穴を押して出すスロット形式になります。下記の画像は、まさにそのSIMスロットにY!mobileのSIMを装着して挿し込もうとしているところです。

f:id:tonashiba:20160731080249j:plain

 

文字にすると大層ですが、実際は台座からカードを取り外して、iPhoneにセットしているだけなので、作業時間は3分もありません。めっちゃ簡単

 

起動すると、「Softbank 3G」が

SIMカードを装着してから、何の設定もしない状態であっても電波を掴みます。そのため、この時点で音声通話が既に使える状態になっています。しかし、3G電波を繋いでいるものの、モバイルデータ通信(ネットを観たり、LINEを送ったり)はできません。

モバイルデータ通信を起動するためには、4G電波を掴む必要があります。

f:id:tonashiba:20160731075232p:plain

 

4GLTEを掴むために「プロファイル」

このプロファイルが今回の設定で最も重要なものです。まず、SIMを挿し込み「Softbank 3G」まで立ち上がったiPhoneをWi-Fiが繋がる環境に置きます。そこから、Y!mobileのiOSプロファイルを提供しているページに飛びます。このプロファイルをインストールすることで、4GLTEが使えるようになります。

f:id:tonashiba:20160731075252p:plain

 

プロファイルを変更した後にスピードテストをしたのがこちらの画像。スピードもさることながら、「PING(ネットの受け答えのスピードの指標)が早い」のが印象(使っていても応答が速いイメージがあります)。iPhoneの性能と相まって、ネットの閲覧が快適ですね。

f:id:tonashiba:20160731075344p:plain

 

テザリングができないのが残念

残念ながら、SIMフリー版のiPhoneでY!mobilを使う場合はテザリングができません。僕はテザリングをよく使うので、ちょっと残念なところ。

もしY!mobileでiPhoneを使いつつ、テザリングをしたい場合にはiPhone5sを同時購入して使った方が良いと思います。iPhone5sは性能も高いですし、何よりY!mobileで買う場合、凄く安いので検討の一つに入れるのもアリです。

 

(追記)公式端末なら、テザリングが使える可能性あり

Ymobileは基本的にSIMフリーのiPhoneではテザリングができないのですが、公式に販売されるYmobile端末の場合はどうなるかわかりません。

Ymobile端末としてSIMロックをかけているなら、テザリングが使えるはずですが・・・公式の発表を待ちたいところです。

 

まとめ

テザリングが使えないという弱点はあるものの、準キャリア的な立ち位置ということもあり、スピードは一般的な格安SIMとは比べ物になりません。凄く快適です。iPhoneのSIMフリー版を使っている場合には、Y!mobileを一つの候補に入れても良いと思いますね。

 

・Y!mobileの公式HPを見てみる→Y!mobileオンラインストア

 

 

関連記事

Ymobileのスマートフォンの特徴(メリット・デメリット)については、下記の記事でまとめています。

【Y!mobile(ワイモバイル)の評判】契約して3カ月。使ってみて感じるメリット、デメリットまとめ

 

YmobileのポケットWi-Fiも使っています。スマホと合わせて使うメリットについてはこちらの記事でまとめているのでよければどうぞ。

Y!mobile(ワイモバイル)のスマホとポケットWi-Fiを使い込んだ感想

 

その他

yoku-log.hatenablog.jp

yoku-log.hatenablog.jp