格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

【さすが国産の親切さ】Arrows M03をLINEモバイルで使ってみた感想・評価

国産スマホとして残っているスマートフォンはあまりない中で、大健闘している富士通のarrows M03(アローズエム03)。ほとんどどこの格安SIMでも取り扱いがあるし、価格.comを始め、非常に人気が高い機種。

今回は、このarrows M03を公式端末として販売しているLINEモバイルで実際に使ってみたので、その感想、評価をまとめていきたいと思います。

arrows M03を簡単に紹介

この機種は「初心者」にうってつけのスマートフォンです。一言で表すなら「親切」を詰め込んだスマートフォンだと思っています。

本体に付属した説明書が丁寧なのを始め、なによりも素晴らしいと思うのが、本体で新しいことを始めるときの随所で出てくる説明。初めてスマートフォンを使う人でもわかりやすく仕上がっています。

またおサイフケータイ、手袋モード、NFC、ワンセグ、防水など、日本製らしい魅力の溢れた製品になっています。特に、手書きモードがあるのが初心者にぴったりだな、と感じます。このあたりは、別の記事にまとめたいと思っていますので、お楽しみに。

 

LINEモバイルの設定手順

ざっくり手順を説明すると、下記のようになっています。

  1. LINEモバイルを申し込む
  2. SIMカードがLINEモバイルから到着
  3. SIMカードが到着したら、ArrowsM03にセット
  4. 本体側のインターネット設定をする
  5. 終わり

 

文章で書くと長く感じると思いますが、LINEモバイルの申し込みは約10分、SIMカードが到着してからの設定ついても10分あれば十分終わります。たぶん初心者の人はびっくりすると思いますが、驚くほど簡単に終わります。

初心者のために、この記事では、絶対にこれを見ればできる!というレベルで細かく説明していきます。

 

まずSIMカードを本体にセットします。LINEモバイルから、白い台紙に乗ったSIMカードが送られてきていると思います。このSIMカードをarrows M03のSIMトレイにセットします。SIMトレイは、本体側面のゴムカバーを外したところに、プラスチックのトレイを引き出してセットします。

 

SIMカードをセットし終わったら、本体に戻します。そして、arrowsM03を起動します。

 

この時点でアンテナが立っていると思います。しかし、まだインターネット(LINEやメール)は使えません(LINEモバイルで購入されている場合はこの時点でLTEのアンテナが立つ可能性があります。その場合は設定完了になります)。

 

ややこしいんですけど、arrowsM03にはマルチコネクションという機能があり、アンテナから電波が飛んでいるような画像が出てきます。この電波が出ているようなマークがあるからといって、インターネットに接続しているわけではないので、ご注意を(写真のようにLTEという文字が出ているのが、正常な状態)。

 

次に設定ボタンを押して、「データ通信・機内モード」>「モバイルネットワーク」>「アクセスポイント名」の順番で選択します。

 

ここでLINEモバイルで同時購入するか、他で購入するかによって手順が異なります。LINEモバイルで購入している場合は、LINEモバイルの設定がはずなので、選択するだけでOK。

LINEモバイル以外で購入した場合はアクセスポイント名の入力が必要になります。それぞれ、次のように入力を行います。

  • アクセスポイント名:LINEモバイル
  • APN:line.me
  • ユーザー名:line@line
  • パスワード:line
  • 認証方式:PAPまたはCHAP(選択)

 

実際の入力している画面は下記のようになります。特にパスワードは伏字になるので、間違いやすいポイント。英数字は勝手に大文字になっていることもあるので、注意して入力してください。

 

入力が完了すれば、アンテナの部分にLTEが立つはずです。もしアンテナに変化が見られない場合は、次の3つを試して見てください。

  1. スマホを再起動する
  2. 機内モードをオン、オフする
  3. 入力内容を見直す

 

arrows M03のスピードテスト

やっぱり、スマートフォンを使う上で気になるのが通信速度ですよね。LINEモバイルは、格安SIMの中でもダントツで速いスマートフォンなんですが、実際にどうかを試してみました。測定は、平日に行なっています。

 

さらに、格安SIMの速度が落ちやすいと言われる昼間の時間帯での測定がこちら。昼間の時間帯も速すぎるんですが・・・。LINEモバイルがこんなに速度出るんやったら、キャリアいらんやん(笑)。

 

(おまけの話)arrows M03はマルチコネクションという機能で、Wi-Fiと4G LTEを同時に通信する機能を持っています。LINEモバイルは非常に快適なSIMであるのに加えて、マルチコネクション機能を使えば、よりスムーズに使うことができますね(今回の測定ではマルチコネクションは使っていません)。

 

arrowsM03でもLINEやTwitterがデータ使い放題

LINEモバイルの3GB以上のプランを使えば、基本的にLINEやTwitterなどでデータ量がカウントされません。実際にメインSIMとして使える非常に魅力的な格安SIMだと思います。

LINEモバイルそのものに関する詳しい情報については、下記のページで、とても詳しくまとめているので、ぜひ参考にして見てください。

 

arrows M03の弱点は?

シンプルに弱点は値段です。国産のスマートフォンって、海外製のスマートフォン比べて高いです。このarrows M03も3万円を超える値段になっています。

ただし、海外製にはないおサイフケータイやワンセグの機能が付いているのでここはちょっと悩みどころかもしれません。

 

 arrows M03×LINEモバイルのまとめ

今回はarrows M03をLINEモバイルで使ってみたまとめを紹介しました。arrows M03は非常に出来の良い優等生端末ですし、LINEモバイルも通信速度が速く、使いやすい優秀なSIM。

この組み合わせで使って、満足しない人はほとんどいないのではないでしょうか。

公式:LINEモバイル