格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

海外でもLINEし放題のChatSIM(チャットシム)ってデュアルSIMで使えば最高じゃないでしょうか?

最近は海外でもSIMを差し替えて現地の通信サービスを使っている人が多いんじゃないでしょうか?

現地のSIMでなくても、格安SIMのmineoやIIJmioが海外用のトラベルSIMというプリペイドカードを販売しているので、それを差し替えて使う人が多いのではないでしょうか。

今回は「ChatSIM」という、一回購入すればLINEが"海外でも"使い放題になるSIMカードについて解説していきたいと思います。

ChatSIMの運営会社は?

ChatSIMを運営しているのは、日本の会社ではなくイタリアに本社をおく会社です。ただし、日本の回線はSoftbankと契約をしており、同社が3G回線を提供する形になっています。

そのため、弱点はSIMカードの購入やアクティベーション(立ち上げ)が英語サイトであること。一応、日本語での購入マニュアルやアクティベーション、スマホの設定を説明されているので、むしろ親切かもしれません。

 

どういうシステム?

ChatSIMは基本的に最初にSIMカードを購入しておくことで、1年間LINEが海外150カ国で使い放題になるSIMカードです。ただし、LINEが使い放題といっても、使い放題になるのは「テキストと絵文字」のみです。それ以外は使い放題の対象外です。

もし動画や、音声通話をしたい場合には、クレジット(ポイントのようなもの)を購入する必要があります

このクレジットは、1400円で2000クレジットが購入できます。1MB使うごとに、それぞれの国(Zone)に応じたクレジットが消費されます。

 

日本の場合は、Zone1になるので一番お財布に優しい国と言えるでしょう。1MBで最大で750クレジットの国もあります。まぁ、通信環境が整っていない国ほど高いというイメージでしょうか。

 

海外でLINEだけ使いたい人に

海外に行ってスマホ使う人ってどれくらいいるのかな?今となっては、海外のパケットし放題サービスもあるので、使う人はそれなりに多いと思うんですが・・・。僕個人としては、全く使わない派です。

日本のSIMをそのまま使うと高いし、海外用プリペイドカードもちょっと高いし、現地でSIMは買ってみたいんですけど、買ったことがない・・・というのが現状。

でも、海外に行くたびに思うんですけど、LINEだけは家族との連絡用に使いたいんですよね。ホテルに帰ってWi-Fi接続したら、すぐにLINEを見るようにしています。

ただ、このChatSIMがあれば、電話などはできなくても、テキストのLINEだけは使えるので、メリット大きいですよね。しかも、テキストと絵文字だけとはいえ、年間3000円くらいで買い切りなので、めっちゃお得ですよね。

 

デュアルSIMスマホを持っている人は最強では?

最近日本でも流行ってきた、SIMカードを2つ入れることができる「デュアルSIM」のスマートフォン。僕自身もメインの端末がZenfone3というスマホで、デュアルSIMで快適に使っています。

SIMトレイが2つあれば、日本にいるときは日本の格安SIMで、海外にいるときは、ChatSIMで、という使い方にすれば、海外出張(旅行)に行く場合にも簡単に切り替えられて便利ですね。

 

まとめ

格安スマホや格安SIMは大好きなんですけど、こういった海外で販売されている(使える)SIMカードには、情報が疎いんですよね。ChatSIMも以前から販売されていたんですけど、最近になって初めて知りました。

SIMフリースマートフォンが増えてきたことで、海外で現地のSIMを調達して使える機会が増えてきたと思うので、今後そういった記事もどんどん増やしていきたいと思います。

公式:Chatsim-海外向けチャット専用SIM--商品説明--