読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

Y!mobileのデータ容量2倍キャンペーンの注意点まとめ

f:id:tonashiba:20160906035510j:plain

ワイモバイルで実施しているキャンペーンの一つ「データ容量2倍キャンペーン」。簡単に言うと、2年間、契約した月々のデータ容量が倍になるというキャンペーンです。これ、少しややこしい上に、注意すべきポイントがあるんです。

キャンペーンの概要

冒頭に書いたとおり2年間、契約したデータ容量が2倍になるというキャンペーンです。例えば3GBプランを契約すると6GBになるというもの。値段据え置きで、このデータ容量なので非常にお得なので、僕自身も3GBを契約して、通算6GBを使うようにしています。

もちろん、このデータ容量2倍キャンペーンはSIMカードのみの契約も対象。キャリアの場合、端末も買わないと優遇されないケースが多いので、凄くありがたいですよね。

 

 

ややこしいポイント「データ容量の追加」

このデータ容量2倍キャンペーンを説明する前に、まずはデータ追加容量についてお話しなければなりません。ワイモバイルはデータ容量を超えると、自動的に500MBのデータ容量追加(500円)を行います(ちなみに自動でデータを追加する機能を快適モードと言います)。

この追加は、マイワイモバイルから「月に何回まで」という上限回数の設定を行うことができます(もちろん0回というのも可能)下記の画像がそれに当たります。

 

f:id:tonashiba:20160906035305p:plain

 

先ほどのデータ容量2倍キャンペーンは、単純に最初から2倍されているわけではなく、追加の容量が2倍分無料になるということなんです。つまり、3GBでデータ容量2倍キャンペーンを適用すると、500MB×6回のデータ追加が可能になるということなんですね。

 

データ容量2倍のポイント

・1GB=500MB×2回が無料

・3GB=500MB×6回が無料

・7GB=500MB×14回が無料

 

ですから、僕の場合データ容量の3GBを超えることでデータ追加が最高6回まで行われます。追加については、料金がかかる、かからないに関わらずお知らせのSMSがスマホに届くようになっています。

 

 

2年後に注意

このキャンペーンの注意ポイントは2年後です。2年経った時に、仮に僕が6GBを使い、この契約の上限回数の再設定を忘れてしまっていると、500円×6回分のデータ追加分の料金(500円×6=3000円)が請求されてしまうわけです。これはもったいない。

ですから、2年後にどうしても追加料金を掛けたくなければ、データ自動追加の設定を0にするということが必要になるので、注意が必要です。忘れてしまいそうですけどね。

 

 

まとめ

この仕組みを理解しておけば、データ容量の自動追加による無駄な課金を防ぐことができます。ワイモバイルは格安SIMの中では圧倒的に速度も早いですし、10分×300回の電話無料も付いているので、特に電話を掛けるのを気にしない人は、お得感満載。

通信量という形として残らないものに、大きなお金を掛けるのは絶対にもったいないですからね。ぜひとも検討してみてください。

 

 

ワイモバイルの関連記事