読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

【電話が多い人にオススメ】通話料が多い人が得する格安SIMを紹介します

f:id:tonashiba:20160320215010j:plain

 スマホを電話使いますか?人によって様々だと思いますけど、僕個人は結構使う方だと思います。理由はシンプルにメールを打つのが面倒だから、やりとりに時間かけるのイヤなんですよね。

 LINE電話等を使って、節約している人もたくさんいると思いますけど、ビジネスシーンや、おじいしゃん、おばあちゃんの家に電話する時には、さすがにLINE電話は使えない。そこで活躍するのが、電話かけ放題プランを持った格安SIMなんです。 

 

楽天モバイル

 日本最大級の通販サイトを運営する楽天が運営するのがこちらの楽天モバイル。割と後発のサービスである「楽天モバイル」ですが、2016年のITmedia mobileの記事によると格安SIMのシェアでは第2位で15.9%とかなり大きなポジションになっています。

この楽天モバイルでは、5分間なら何度でも電話がかけ放題になるオプションを850円とリーズナブルな価格で提供しています。

 このオプションサービスは、楽天でんわという専用アプリからかける必要はありますが、電話番号そのまま、かつインターネット回線を利用したサービスではないので、クリアに通話する事が可能です。

 

公式ホームページ⇒【楽天モバイル】

 

BIGLOBE(ビッグローブ)

 BIGLOBEはかけ放題のサービスをは用意していませんが、なんと60分間通話パックというサービスがあり、650円/月で使う事ができます。1分約10円で使う事ができるので、破格です。

 こちらも楽天モバイル同様に、今使っている電話番号を使ったまま、しかも通常の電話回線で通話する事ができます。

 

公式ホームページ⇒BIGLOBE 格安SIM

 

Nifmo(ニフモ)

f:id:tonashiba:20160320212143p:plain

(NifMo でんわ | スマホ・SIMカードならNifMo(ニフモ)より引用)

 Nifmoもかけ放題の電話サービスを提供しています。こちらは、楽天モバイルとは違って5分までしかかけられないといった時間制限などはなく、1300円で際限なくどれだけでも使えるというサービス

 ただし、こちらは残念ながらインターネットを経由して通話するIP(インターネットプロトコル)電話。ですから電話しながらパケット量もかかりますし、通話品質も通信状態の影響を大きく受ける事になります。通信速度の落ちやすい平日12時付近は電話が繋がりにくくなりそうですね。

 楽天が850円で通常の電話回線を使用しているのに対して、Nifmoは1300円も出してIP電話なのでちょっと割高感がありますね。

 

公式ホームページ⇒NifMo でんわ | スマホ・SIMカードならNifMo(ニフモ)

 

Y!mobile(ワイモバイル)

f:id:tonashiba:20160626211820p:plain

 Y!mobileは、スマホの契約に電話の通話料無料が付いてくる形になります。全プランに10分、300回の電話が無料になる仕組みですね。こちらは、ちゃんど電話回線を使った通話サービス。

 楽天モバイルの同じ3GBプランと比較すると、楽天モバイルの場合は5分かけ放題のプランを付けて、2450円。一方、Y!mobileが3980円なので1500円程の差が生まれてしまいます。

 通話時間が5分なのと10分なので差もありますし、通信速度の観点で見ればワイモバイルの方が安定している印象ですから、1500円をどう取るかは個人の感覚や欲しい端末の種類に依存しそうです。

 

公式ホームページを見てみる⇒Y!mobileオンラインストア

 

・2016/08/27追記

Y!mobileを使い始めました。感想を下記の記事でまとめています。

 

 

「通話がお得な格安SIM」のまとめ

 たくさんの種類が出ている通話のオプションパック。この中でもおすすめは楽天モバイルと、BIGLOBEですね。ちゃんと通常の電話回線を使った上で、トータル3000円以下の値段で使えるのはメリットが大きいと思います。

 格安SIMに変えると、電話いっぱいするから電話代がたくさんかかって心配だなぁ・・・という人はこういったオプションサービスで選ぶのも一つのポイントになりますので、ぜひ注目してみて下さい。