読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

はてなブログとWordpressの両刀使いの僕がメリット、デメリットまとめてみました

f:id:tonashiba:20160128220243j:plain

ブログを書く媒体って何が良いんでしょうか。アメーバ?ジュゲム?FC2?はてな?Wordpress? 正直たくさんありすぎて悩みますね。

僕ははてなブログとWordpressの2本立てで、ブログを書いています。1年間ちょっとブログをやってきて、それぞれの良い部分についてお話ししてみたいと思います。それでは、いってみましょー。

Wordpressは際限なくカスタマイズ可能

Wordpressって、とにかく自由なんですよ。デザインから何から何まで。カスタマイズできます。

中でもプラグインの存在が大きいですね。アンケートフォームを設置しようとしたら簡単にプラグインで出来るし、写真のギャラリー表示なども可能。

はてなブログの場合、Javascriptで導入しないといけないクリック型広告も、プラグインを使えば簡単に導入できますし、PHPと呼ばれる骨格をカスタマイズによる方法も可能。もちろんカテゴリーごとに表示、非表示を変更することもできます。

 

Wordpressの差別化には技術が必要

Wordpressを最初にやり始めた時の印象ですが、デザインを差別化する(オシャレにする)ための言語の勉強が大変だった記憶があります。HTML、CSS、PHPを習得するのは本当に大変で、僕もまだまだ初心者レベルです。

日本語のWordpressテーマで有名どころといえば、STINGER、Simplicityあたりでしょうか。これらのテーマはカスタマイズされることが前提なので、シンプルな仕上がりになっています。

 

はてなブログの場合は、比較的容易に差別化のためのカスタマイズが可能です。その大きな理由は、はてなブログの著名人がカスタマイズ用のコードを紹介してくれているから。これらのコードをうまく組み合わせて、配色をコントロールすれば、デザイン面での差別化は十分可能です。

また、ZENO-TEALという、ほとんどCSSのカスタマイズのいらないオシャレでレスポンシブなデザインテーマも出てきています。

 

よく思うのは、はてなブログのプラットフォームは全て同じなので、カスタマイズする前提条件が揃いやすいんですよね。そのため、カスタマイズがわかりやすくなっていると思います。

 

Wordpressにもデザイン面の救世主が

僕も別サイトで使っている矢野キチさんの「ハミングバード」。このテーマのようにデザインをほとんど考える必要がないくらい完成されているWordpressテーマが出てきています。

また、同作者の「ストーク」や「アルバトロス」も最初から仕上げられた魅力的なデザイン。こういったWordpressテーマを使うことで記事を書くことに集中できます。

一つデメリットを挙げるなら、有料のテーマであることですね。趣味としてのブログとして投資するなら、難しいかもしれません。デザインに時間をかけるとブログはしんどいので、せっかくなら投資するのも個人的にはありだと思っています。

 

他にカスマイズデザインにこだわらなくていい無料のWordpressテーマといえば、「material」ですかね。今流行りのマテリアルデザインになっています。

 

Wordpressの魅力の一つは表示速度の改善

Wordpressがはてなブログと比較して、圧倒的に優位なのが、サイトの表示速度。これは全然違います。Wordpressの場合は色々な手法を用いて高速化できます。例を挙げると以下の通り。

  1. 高速サーバー(SSDサーバー)の利用
  2. Woredpressテーマの軽量化
  3. キャッシュを利用した高速表示
  4. 画像の遅延読み込み

 

おそらく初心者でも一番わかりやすいのが4番なんですが、時々スクロールした時に画像がフワッと出てくるサイトを見たことないでしょうか?

あれは「LAZY LOAD(レイジーロード)」というプラグインを使っています。ファーストビューで画像を全て読み込まず、スクロールさせて画像が見える位置にきてから、読み込むというものです。

これにより、表示速度を大幅に改善することができます。

 

また、個人的なお気に入りなのが「SNS Count Cache」というプラグイン。SNSのシェア数をサーバーにキャッシュしておいて、表示するという仕組みのもの。

このプラグインを使えば、SNSのシェア数を取りに行かなくても表示してくれるため、かなりの高速化が可能です。

こういった、高速化プラグインの存在がただでさえ速いWordpressをさらに高速にしてくれていることがWordpressの強みです。

 

(追記)前述の「LAZY LOAD」ですが、プラグインなしで、JAVAが動く環境下であれば、実装できる、みたいな記事をあらゆさんが書かれています。今後、このサイトで実装を試してみようかなと画策中です。

 

はてなブックマークは嬉しいけど、絶対ではない

書いた記事をシェアして頂けるはてなブックマークは嬉しい存在です。

ただ、こういうシュア要素は、個人的にあまり頼っていません(シェアされたら当然嬉しいですよ(笑))。

その理由はシェア狙いのバズは短距離走みたいなものだと思っているからです。細く長く、やっていける方がバズに消耗しなくて楽なんです。

また、シェアはSEOにも効きますが、評価指標としてはアルゴリズムによって変わるので、あまり頼りすぎるのもよくない、と個人的に思っています。

やはり、検索意図に合わせた記事の質向上が重要なポイントじゃないでしょうか。

 

はてなはサブドメインの強さが光る

はてなブログは検索に出てくるまで(インデックス)が、とても速いですね。Wordpressでは考えらないくらいのスピードです。公開してから1時間以内に、インデックスされている事もよくあります。

管理人の意図にもよりますが、人に読まれたいブログが読まれないのはとても残念なこと。WordPressの場合はアクセスがない場合はインデックスすらされません。

個人的な印象として、Wordpressの場合はインデックスのために、Seach consoleをはじめとした登録が必要なので、初心者にはよりハードルが上がっていると思います。

 

はてなブログはモブログしやすい

はてなの印象として、モブログが楽だなぁというイメージがあります。公式のアプリが思った以上に使いやすい。

電車の中で、立ちながらブログの記事を書いたり、文章中に見つけた誤記を修正するのに使っています。ブログの良い所として、スキマ時間を繋げて1記事を書けますから、環境に応じた編集ツールがあるのはとても良いですね。

 

まとめ

正直なところ、どちらがいいかという結論は出しにくいんですけど、2つとも運営している僕の中の考え方は以下の通りです。

  • はてなブログをオススメしたい人
  • ブログ初心者 
  • いずれ、デザインカスタムとかしたい人
  • Wordpressをオススメしたい人
  • ブログ中級者以上
  • デザインカスタムを本格的にやりたい人、もしくはお金を出してでもデザイン性の高いサイトを作りたい人

 

個人的に一番オススメしたいやり方が、はてなブログで経験(HTML、CSS、SEO技術など)を積んでから、Wordpressに移行するのがおすすめです。遠回りですが、Wordpressの右も左もわからない状態は避けられると思います。

 

今回は全く書きませんでしたが、はてなとWordpressで収益の違いが気になる人がいると思います。収益ははてなブログ、Wordpressの違いではなく、サイトのテーマによって、全然違います。

もっと細かく言えば同じジャンルでも、PV単価が10円くらいもあれば、0.2円くらいしかないものもあります(ただし収益性はWordpressの方が追求しやすいですね)。

このあたりの事は、もしこの記事の反応があったら(もし、シェア数が多かったら)、また報告してみたいと思います。