読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

iPhoneSEをY!mobileで使ってスピードテスト→快適過ぎてびっくり!

f:id:tonashiba:20160805232714p:plain

まさに格安SIMと大手キャリアのいいとこ取りですね、Y!mobile。値段の割には思った以上に快適でビックリしました。

先日、SIMフリーのiPhoneSEを購入したのですが、前々から興味のあったY!mobileを契約し、使ってみました。設定方法などは色々とありますが、今回はスピードテストの結果を紹介します。

 

Y!mobileを使ってみた通信速度の感想

結論から先に言うと、Y!mobileは相当優秀です。格安SIMの中でも、他の会社とは立ち位置が違う(自前で回線を洩っている)こともあってか、快適な速度で通信が可能です。

今まで格安SIMで通信してきたこともあり、久しぶりにキャリアのような高速さを味わうことができました。おそらく格安SIMで使っている人がY!mobileを使ってみると、「キャリアってこんなに速かったかな?」って思うんじゃないでしょうか。

 

 

具体的なスピードテストの数値は?

今回のテストにあたり、使用したのは、上に書いた通りiPhoneSEです。Y!mobileのSIMをセットし、公式で提供されている通信設定(いわゆるAPN設定)を用いて、テストを行っています。設定に関する記事は「Y!mobileでiPhoneSE(SIMフリー版)を使ってみました」で紹介しています。

測定の結果はこちらです。

 

f:id:tonashiba:20160805231810p:plain

 

個人的な感覚として、通信速度に対応する快適さは下記のようなイメージです。

 

  • ~1Mbps:テキスト主体のサイトでも閲覧がしんどい
  • 1~3Mbps:テキスト主体のサイトは問題なし、動画は少し厳しい
  • 3~5Mbps:動画も問題なく見れる
  • 5~Mbps:全く問題なし快適にインターネットを楽しめる

 

Y!mobile×iPhoneSEでのスピードテストから一日の推移を見てみても、テキスト主体のサイトを見るのに十分な速度である3Mbpsを越える速度を余裕で出してきています。また、ほとんどが10Mbpsを超えていることもあり、動画の閲覧も楽だし、全く苦になることはありません。

 

また、PING(インターネットで、クリックしてから通信が始まるまでのスピード)のスピードもとても速いですね。一般的な格安SIMが50msあたりと考えると、十分に良い値です。もう少しで、家に引いている固定回線と変わらないレベルになりそう。

 

 

Y!mobileスピードテストまとめ

SoftBankの子会社であり、一部回線を借り受けているY!mobileですが、使ってみた印象は、快適に使えすぎて親会社のSoftBankとほとんど使い勝手かわらないなぁと言ったところ。

もちろん、Y!mobileにも弱点があって、端末のラインナップがキャリアに比べて少ないといったところもありますが、端末にこだわりがなければ、Y!mobileはかなりオススメです。別の記事でも書きましたが、特にiPhone5sのセット割がお得なのでかなりオススメですね。 

yoku-log.hatenablog.jp

 

他にも、この記事でテストしているようにSIMフリーのiPhoneを使うのも有りだと思います。appleストアで購入するSIMフリーのiPhoneは、難易度が高いと思われがちですが、実際に購入するとあっけないもの。このブログで書いているように基本の設定は3分くらいで終わるので、通信速度を維持しながら安くしたいと思っている人にはお勧めですよ。

yoku-log.hatenablog.jp

 

 

・Y!mobileの公式HPを見てみる→Y!mobileオンラインストア

 

関連記事

yoku-log.hatenablog.jp