読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

iPhoneで格安SIMを使いたい!!キャリア別乗り換え方法と注意点まとめ

f:id:tonashiba:20160720230726j:plain

今使っているiPhoneを格安SIMで節約したい人、こんにちは!!どもども、スマホ大好き、タカサキセーゴです。

 

 僕が書いている記事の多くは、androidが中心ですが、一応iPhoneも持っていて、mineo(マイネオ)のDプランという格安SIMを月額1600円で使っています。

 今回は、iPhoneで格安SIMを使うためには、何をしなければいけないか、注意点は何か?というところについて「キャリア、契約日数、iPhoneのモデル」に応じて、あなたがどうすれば、格安SIMを使えるのか?というところをまとめたいと思います。

 下記の目次に応じて、自分の対応するところを選んでいただければいいかなと思います。それでは、ドーゾ!! 

 

docomo(ドコモ)の場合

docomo 契約180日未満、iPhone6s,6sPlus,SEの人

 契約から180日未満ということで、基本的には6s以降の人が対象になると思います。一部iPhone6の人も対象になるかもしれませんが、iPhone6も6sも使える格安SIMは同じです。

 docomoに契約180日未満で、格安SIMに切り替える場合は、IIJ、Nifmo、mineo(マイネオ)のDプランといったdocomo系の格安SIMを選ぶ必要があります。僕もmineoのDプランでiPhoneを使っています。

 

docomo 契約180日以上 iPhone6s,6splus,SEの人

 この場合、格安SIMを使う方法は二つあります。一つは180日未満と同じくそのまま使う方法、そしてもう一つはSIMロック解除する方法です。

 

1.docomoからNMPでdocomo系の格安SIMを使う

2.docomoでSIMロック解除(3000円/月)をして、docomo系、au系の格安SIMのどちらも使えるようにする。

 

個人的には2番目のSIMロック解除をしてから、格安SIMを使えるようにすることをオススメします。

 

用語解説:SIMロックとは?

通信会社(ここではdocomoやauなど)が他の会社の通信サービスを使えないようにするために、端末に指定のSIMを入れないと通信が立ち上がらないように設定されている状態のこと。

 

 なぜそのままでも使えるのに、SIMロック解除をした方が良いのか?その理由は、過去のau系格安SIMに問題があったからです。auのところで後述しますが、iPhone5,5c,5sというのは、au系格安SIM(mineoのAプラン、UQ mobileなど)で現時点で公式に対応端末になっていないのです。理由は今でもはっきりと公表されていません。

 

 格安SIMは、その名の通り安いですが残念ながら大手のようにiPhoneを提供するappleと対応を確認した上で通信サービスを提供するところまでは至っていません。つまりdocomo系の格安SIMも、可能性が低いなりに、もしかしたら使えなくなる可能性があるのです。

 その際、au系の格安SIMでも使えるようにしておけるSIMロック解除というのが有効に効いてくるわけです。ある種、保険のようなものですが、ぜひSIMロック解除をしておいた方がいいですね。

 

docomo iPhone6以前のモデルの人

 この場合は、iPhone6s,6splus等と異なりSIMロック解除ができないため、docomo系の格安SIMプランを使う事になります。基本的に、iPhone5以降に販売された端末であれば、どれでも使用可能です。

 注意点を挙げるとすれば、iPhone5と、5s及び5cはアンテナの種類が違います。簡単に言うと、iPhone5s,5cの方が電波を掴みやすくなっています。iPhon5はかなり古い機種になるのであんまりいないと思いますが・・・もし可能なら買い替えした方が快適に使えると思います。

 

 

Softbank(ソフトバンク)の場合

Softbank iPhone6以前のモデル、及びiPhone6s,6sPlus,SEで契約180日以下の人

 残念ながらこの場合は、そのままの端末で格安SIMを使う事はできません。apple storeでSIMフリーのiPhoneを新たに購入して、格安SIMを契約してください。

 

 

Softbank iPhone6s,6plus,SE 契約181日以上の人

 上記に述べたようにSotbankの場合、今までのモデルでは格安SIMを使えませんでしたが、iPhone6s,6splus,SEについては、SIMロック解除を行う事でdocomo系、au系の格安SIMをどちらでも使えるようになりました。

 もし選ぶなら、docomo系の格安SIMをオススメします。その理由は、docomo系の格安SIMなら無料でテザリングができるから。au系の格安SIMは残念ながらテザリングに対応していません(オプションも無ありません。機能的な問題のようです)。

 

 SIMロックはSoftbankの場合購入してから181日目以降に可能になります。また、解約した端末もSIMロック解除できますが、90日以降にしかできないようです。詳細は「ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク」でご確認下さい。

 

 

 

au(エーユー)の場合

au iPhone6,6Plusもしくは、iPhone6s,6sPlus,SEで契約180日以内の人

 これらの場合、mineoのAプランを初めとするau系の格安SIMになります。この場合、一番の注意点は、au系格安SIMではテザリングが使えなくなります。出先でタブレットやパソコンに繋いで使う人は要注意ですね。

 

 

au iPhone6s,6sPlus,SEで契約180日以上経っている人

 この場合、格安SIMを使う方法は二つあります。

 

1.iPhoneをそのままの状態でauの格安SIMプランを使う

2.iPhoneのSIMロック解除を行い、docomo系格安SIM、au系格安SIMのどちらでも使えるようにしておく

 

 この場合、オススメは断然2番です。その理由は、docomo系の格安SIMならテザリングが使えるから。「SIMロック解除」という聞きなれない言葉のため、面倒に感じるかも知れませんが、SIMロック解除は3000円で店頭でやってくれます。また、ちょっと詳しい方なら、パソコンやスマートフォンから「auお客様サポートサイト」で手数料無料で手続きすることができます。詳しくは「SIMロック解除のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au」をご参考下さい。

 

 

au iPhone5,5s,5cの人

 iPhoneを格安SIMで使う場合、一番注意しないといけないのが、au系で5シリーズを使っている人達です。これらの端末は、残念ながら公式に格安SIMに対応していません。

 裏技的に、特殊なプロファイルを入れて使う事もできるのですが、ライフラインであるスマホですから、公式に勧められていない以上、オススメはしません。もし裏技を使うなら自己責任でお願いします。

 

 

iPhoneで格安SIMを使う流れについて

f:id:tonashiba:20160602231109j:plain

 今回は自分が契約している事もあって、体験談からmineoを例に説明しますが、流れは他の格安SIMもあんまり変わりません。一応参考です。

 

mineoの乗り換え方法

1,キャリア(docomo,softbank,au)でMNP番号を取得

2.mineoの公式HPから申し込み(申込時に必要なものは、MNP番号、クレジットカード、本人確認書類:運転免許証やパスポートなど)

----数日-----

3.mineoから書類とSIMカードが別便で届く(本人確認必要)。

4.MNPの移行手続きを電話で行う(〜21:00、移行時間30分程)

5.mineoのSIMカードをiPhoneにセットして立ち上げ、mineoのホームページから指定のプロファイルをインストール(5分あればできます、Wi-Fi環境必要)

6.無事ネット(4GLTE)が使えるようになる

 

 格安SIMはキャリアと違って、自分でやらないといけないので面倒だと思われる方がいると思いますが、個人的には格安SIMの方が楽です。なぜなら、ショップで待たされる必要もないし、よくわからないオプション盛り盛りにされることもないから。一度やってみるとよくわかっていただけると思います。

 

 

キャリアの違約金はちゃんと確認しよう!

f:id:tonashiba:20151027230607j:plain

 格安SIMに移る場合(他キャリアに移る場合も同様ですが)、注意しなければならないのはキャリアの解約金と端末を割賦支払している場合の残債を払わないといけないこと。

 docomoの「端末購入サポート」を利用している場合は、端末料金の割引の代わりに違約金が約30000円と大きな金額になっていますから、どれくらいかかるかはちゃんと確認しておきましょう。

 

 格安SIMにすることで長期的な目で見た場合、いつかは確実に安くなるタイミングはあります。今払っている明細とmineoの料金プランを見比べてみて下さい。例えば、mineoの音声通話プランで3GBの場合1600円/月ですから、凄い差額になるはず。

 僕自身、最初に端末を一括購入して、割賦を使っていませんでしたが、6000~7000円/月の支払いがありました。10000円の違約金もありましたが、月額料金が1600円/月になったので、約5000円程度の節約になっています。妻も合わせると1万円くらい毎月浮いています。

 

格安SIM「mineo」の公式HPで月額料金を見てみる→あなたのスマホのままで使える!mineo

 

 いつかは安くなるといっても、端末の解約により一時的な支払が上記の3つを組み合わせると10万円近くいってしまう可能性もあり得ます。まとめて支払う事が負担になることもありますから、節約のためにはお財布と相談して、上手いタイミングで切り替える事が重要です。

 

 

iPhoneを大手キャリアで使っている人の格安SIM切り換えまとめ

 ちょっと長文になってしまいましたが、これでiPhone5以降のシリーズについて、格安SIMに乗り換えられるかどうか、どういったものがおススメかをまとめる事ができました。ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 最後まで読んで、それじゃあ格安SIMは何を選べばいいねん!!という話なんですが、iPhoneを使うならmineoが良いと思います。その理由はmineoはマルチキャリアという制度を持っていて、docomo系の格安SIMも、au系の格安SIMも提供しているから。

 SIMロック解除されたiPhoneはどっちも使えるので当たり前のように感じてしまうのですが、実はどちらの回線も使えるスマホというのは数少ないんですよ。そういったiPhoneの特性を活かすことを考えると、回線を選べるmineoがオススメな訳です。

 実際に僕自身も、iPhone6sのSIMフリー版でmineoのDプランを使っていますが、ちゃんとテザリングもできるし、めっちゃ快適

 

 最後に何度も繰り返しになりますけど、違約金はちゃんと確認してくださいね。本文でも書いたように、格安SIMは安いので、いつかは絶対に元が取れますが一時的にでも負担が大きくなるのは、ちょっと考え物。家族が多ければ、倍々算的に増えていくので注意が必要ですよ。

 

mineoの公式HPを見てみる→mineo