読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

お得な格安SIM(格安スマホ)をさらに安く使う裏技を紹介します

格安SIMを申し込もう!!と思っている人の多くが、「月額料金が安くなること」をベースに決めていると思います。確かにそれはそれで間違えてはいないのですが、実は格安SIMは基本料金だけでなく、うまく使えば、月額の基本料金以上に節約することも裏技があります。

今回は、格安SIM(格安スマホ)をさらに安く使うためのテクニックについて、格安SIMマニアな管理人が紹介していきたいと思います。

スマホ端末を少しでも安く買いたい

  • 新しい端末に乗り換えるつもりなんだけど、できるだけ安く済ませたい
  • 初めてだし、高性能はいらない

 

という人、結構多いんじゃないでしょうか。その場合は、楽天モバイルで申し込むのがベストです。その理由は大きく分けて二つあります。

  1. 楽天モバイルのキャンペーンは異常なほど安い
  2. 楽天カードの存在

 

楽天モバイルのキャンペーンの存在

どこの格安SIMと比較しても、取り扱いの格安スマホの値段が抜群の安さを誇る楽天モバイル。色々と見比べてみるとわかりますが、とにかく端末価格が安い(別に中古だとかいうわけではないですよ)。

年間を通じて、他のどの格安SIMよりも安いケースが多いですし、楽天モバイルは他の格安SIMに比べて取り扱い端末が多いのも魅力の一つ(楽天モバイルの専売モデルもあります)。

安くなって要る上に、分割払いが適用できるケースがほとんどなので、負担を小さくすることができますよ。

楽天モバイルで端末を見てみる→販売端末一覧

 

個人的にオススメしたいのは、楽天カードの存在

実は、楽天モバイルの買い替えの時の端末料金は、楽天スーパーポイントを使うことで安くすることができるんです。

しかも、楽天モバイルを持ちながら、楽天カードを使っている場合は、楽天市場でのポイントを、+1倍でさらに貯めることが可能です。

また、楽天モバイルの利用だけでも1%のポイントがたまります。

 

ちょっと、話が複雑になっちゃいましたが、簡単に言うと、楽天モバイルとカードの合わせ技を利用して、どんどんポイントを貯めておくことができるんです。

端末の乗り換えにも使えますが、実は楽天モバイルの場合は月額の基本料金の支払いに使うことも可能です。例えば5万円くらいのクレジットカードでの支払いがあれば、500円分のスーパーポイントが貯まります。

楽天モバイルの月額料金から、500円分マイナスされると・・・スマホの月額料金がほぼ1000円になっちゃいますよ。

楽天カード公式ページを見てみる→楽天カード

 

カウントフリーで節約する方法

LINEモバイルでカウントフリーを活用

あのメッセージアプリを作っているLINEモバイルには、LINE、Twitter、instagram、Facebookのデータ通信をカウントしない、コミュニケーションフリープランという仕組みがあります。

これらのSNSアプリばかり使う人であれば、通信プランを下げることができます。私自身もそうだったのですが、Twitterでおおよそ月間3GB使うため、その分をカウントフリーにして、節約することができました

実際の料金は、次の通りですが、例えば3GB分カウントフリーになって、5GB→3GBに節約すると、それだけで、620円/月(7440円/年)浮かすことができます(下記の太字部分の比較)。

月額データ量

データSIM
(SNS付)

音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

 

LINEモバイルを見てみる→LINEモバイル

 

LINEモバイルそのものの評判を知りたい人はこちらの記事を参考にして見てください。

【関連記事】LINEモバイル(ラインモバイル)を使った感想・評判

 

YoutubeやSporifyが多いなら、Biglobeのエンタメフリー

LINEモバイルの場合は、SNSがカウントフリーになる仕組みですが、Biglobe SIMの場合は、エンタメフリーといって、Youtube、AWA、Sportifyなどの料金がカウントフリーになる仕組みがあります。

 

こちらはLINEモバイルと異なり、月額のオプション料が必要なサービスになりますが、Youtube、AbemaTVなどの動画サービスの利用が多い人には必見のサービスだと思います。

Biglobe SIM公式を見てみる→「BIGLOBE SIM」でスマホ通信費を節約!?

 

とにかく月額料金をゼロにするなら

NifMo(ニフモ)のバリュープログラム

f:id:tonashiba:20160707142557p:plain

スマホの料金を「とにかくゼロに近づけたい」という人には、絶対にNifMoがおすすめです。その理由は、バリュープログラムの存在。

このサービスは、NifMoが指定するサービスをバリュープログラムというサイトを通じて利用するだけで、NifMoの月額料金からその金額を引いてくれるから。

f:id:tonashiba:20160724005246p:plain

 

「何かの契約」といった申し込みはハードルが高いかもしれませんが、アプリをインストール+チュートリアルくらいなら、簡単に安くトライできるのではないかと思います。 

【関連記事】使わないと損!NifMoのバリュープログラムが凄いので使い方をまとめてみた 

 

一人暮らしなら、WiMAXと組み合わせて安く

個人的に、一人暮らしで最強だと思っているのが、格安SIM(特にLINEモバイル)とWiMAXを組み合わせる方法。

WiMAXとは?

WiMAXはモバイルルーターと呼ばれており、いわゆる持ち運びできる固定回線です。ギガ放題というサービスに加入すれば、3日間で10GBの制限はあるものの、基本的に通信量を気にせずに使うことができます。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

【関連】【実機レビュー】WiMAX NEXT W04を契約して、スピードテストしてみた!

 

このWiMAXは持ち運びが可能なモバイルルーターなので、スマートフォンと常時連携させておけば、スマホの通信容量を気にする必要がありません

しかも、LINEモバイルと組み合わせておけば、仮にWiMAXの環境がなかったとしても、SNSに関してはカウントフリーで使うことができます。

 

このような使い方をして、LINEモバイルが3GBで月額1690円、私が使っているSo-net WiMAXなら月額料金(1~2ヶ月目:1480円、〜24ヶ月目:3480円、25ヶ月目〜:3980円)なので、2年目までは月額5170円(最初の2ヶ月:3170円/月)という料金で使えます。

繰り返しになりますが、何よりも素晴らしいのが、WiMAXを使うことで月額料金が安くなるだけでなく、外での通信量を気にしなくて良いこと(WiMAXは通信速度も速い)。

私は外に出るときは、WiMAXとスマホは常時接続ですが、やっぱり最強ですね。

 

「格安SIMをさらに安く使う裏技」まとめ

今回は、ただでさえ安い格安SIMをさらに安くするための裏技を紹介しました。

今回紹介した中でも、LINEモバイルのカウントフリーを利用してプランを下げておく方法と、NifMoのバリュープログラムを使ってゼロに近づける方法は、特におすすめの方法です。

労力をかけずに節約するならLINEモバイルで、何がなんでも安くしたければNifMoという組み合わせでしょうか。

ぜひ自分のライフスタイルにあった格安SIM(格安スマホを選んでくださいね)。参考になったなーとか、これ知らなかった!、と思ったらぜひシェアしてくださいね。管理人が飛んで喜びます(笑)

 

【おまけ】クレジットカードで節約するなら

今回はあくまでも、格安スマホに付いているオプションの機能で節約する方法について、まとめています。

しかし、実際に格安SIMの支払いに利用するクレジットカードをうまく合わせ技で使っていくことで、さらに、生活費を安くしていくことができます。

特にその中でも年会費無料でポイントが貯まって、Apple Payも使えるリクルートカードが本当におすすめ。

 

私自身も使っていますが、楽天カードを超える高還元率、しかもApple Payも使えるということで、個人的には最強カードの認識です。

よければ、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

【関連記事】リクルートカードは僕にとって最高のクレカ。普段の使用から、ポイントの使い方まで紹介。