格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

【どっちがいいの?】LINEモバイルとmineo(au,docomo)を全て使って徹底比較してみた

格安SIMを色々と使う中で、価格とサービスのバランスが良いなと思うのが、mineo(マイネオ)とLINEモバイルです。どちらも、使うにあたってクセがなく、料金体系が分かりやすくなっているのが特徴です。

今回は、mineoとLINEモバイルで悩んでいる人のために、実際にどちらも使っている僕が、料金や通信速度だけでなく、サービスやユーザー管理画面などについても詳しく解説していきたいと思います。

前置きはいいから、「とりあえず使ってみた感想だけ聞きたい!」という人は、目次から「5.LINEモバイルとmineoを使った感想」に飛んでくださいね。

mineo(マイネオ)とLINEモバイル

どちらも緑を基調としたデザインで似ていますが、サービスは全く異なります。mineoは、格安SIMの中では割と早いうちにスタートした格安SIMであるのに対して、LINEモバイルは2016年から始まった格安SIMです。

まず、mineoはdocomo回線とau回線を持っているのに対して、LINEモバイルはdocomo回線だけ。つまり端末の対応は、docomoもauの端末も使えるmineoの方が選びやすいですね。

  • mineoはdocomoとau回線が使える
  • LINEモバイルはdocomo回線だけ

 

料金プランの違い

今回は比較しやすいようにdocomo回線のmineoの料金とLINEモバイルの比較をしていきたいと思います。

まずはデータSIMがこちら。

  500MB 1GB 3GB 5GB 7GB 10GB
mineo 700円 800円 900円 1580円 2520円
LINEモバイル   500円 1110円 1640円 2300円 2640円

 

LINEモバイルの1GBのデータ通信はとんでもなく安くて500円/月となっています。ほぼ業界最安値レベルです。そのため、1GB以下を選ぶなら、mineoよりもLINEモバイルの方が安くなります。

一方で、3GBを超えるとLINEモバイルの方が210〜120円高くなります。

 

次に音声通話SIMの比較がこちら。実は3GBが高いだけで、他は同じか、LINEモバイルの方が安くなっています。データSIMと違うので、ちょっと不思議な感じがしますね。

  500MB 1GB 3GB 5GB 7GB 10GB
mineo 1400円 1500円 1600円 2280円 3220円
LINEモバイル 1200円 1690円 2220円 2880円 3220円

 

ここまで比較してもらうとよくわかるのですが、はっきり言って格安SIMの値段の差はほとんどありません。そのため、むしろ値段以外の部分の差が重要です。

 

mineoとLINEモバイルのサービスの違い

ここからはそれぞれのメリットを中心に比較していきたいと思います。mineoとLINEモバイルは、値段はほとんど一緒ですけど、中身はかなり違うのでちゃんとポイントをおさえておきましょう。

 

mineo(マイネオ)の有利なポイント

格安SIMの中でも比較的早い時期からやっているmineoのメリットは下記の通りです。

  • au端末もそのままOK
  • 電話サービスが充実
  • 困った時のフリータンク制度
  • マイネオスイッチ(低速、高速の切り替え)
  • 家族とのシェアや割引が充実

 

auの端末がそのまま使える

このメリットは大きく、間違いなくau端末を使っている人はmineoがおすすめです。au端末を持っているなら、新しく端末を買うことなく、そのまま格安SIMに移行することができるからです。

端末代が浮く(格安スマホなら2〜3万円くらい)ので、auの端末を持っている人はLINEモバイルよりもmineoの方が簡単に移行できておすすめ。

 

mineoの電話サービスはいくつかのオプションあり

マイネオには電話サービスが大きく分けて、3種類あります。

  1. 050番号で通話料が安くなるLaLaコール
  2. 30分か60分の通話がお得なセットになった通話パック
  3. 月額850円で5分間何度でもかけ放題

 

mineoは使う人に合わせて、色々な電話オプションのパターンが用意されています。これらのオプションサービスは、インターネット上で随時変更することが可能です。

そのため、自分にあったオプションサービスをその時々に合わせて選ぶことができます。

 

困った時のフリータンク制度

mineo(マイネオ)は、ユーザー同士の繋がりを意識して運営されています。その象徴が、フリータンク制度。マイネオユーザー同士で、パケットが余った時は、フリータンクの中に寄付したり、足りない時はタンクから借りたりすることができます。

何度かお世話になったこともありますが、どうしても足りない!!という時にとても助かります。

 

マイネオスイッチ(低速と高速モードの切り替え)

低速モードと高速モードを切り替えられる格安SIMはいくつか存在します。mineoもその一つで「マイネオスイッチ」というサービスを提供しています。

 

アプリを起動し、スイッチをオンすれば、低速モードと高速モードの切り替えができます。低速モードの速度は200kbpsですが、TwitterやIP電話くらいなら普通にできます。

普段低速モードで運用しておいて、必要な時に高速モードへ切り替えれば、パケットを節約できるので、月額の基本料金を節約することができますね。

 

複数回線持つならmineoにメリットあり

複数回線持つことが前提なら、mineoの方がメリットが大きいです。その理由は、複数回線割引とパケットシェア。mineoは複数回線持つと1回線につき50円の割引を受けることができます。

さらに前月に余ったパケットを指定したメンバーでシェアできるパケットシェアの機能もあります。そのため、家族で使ったり、スマホとタブレットの2台持ちにするなどの方法を使うなら、mineoの方がメリットが大きくなります。

 

LINEモバイルの有利なポイント

LINEモバイルの特徴は、特定のアプリを使う場合にパケットがカウントフリー(通信量無制限)になる仕組みです。

  • LINEが使い放題な「LINEフリー」(1GBプランのみ)
  • SNSが使い放題な「コミュニケーションフリー」
  • 音楽が使い放題な「MUSIC+」
  • 昼でも速い通信速度

 

各プランのパケット「フリー」が素晴らしい

LINEモバイルの面白い特徴は、プランに合わせて特定のサービスが使い放題になる仕組みです。1GBプランであれば、LINEが通信量を気にせずに使えます。

また、コミュニケーションプランであれば、LINEに加えて、Twitter、Facebook、instagramが使い放題になり、さらにMUSIC+であれば、「LINE MUSIC」が通信量無制限で使えます(2017年夏からはさらにMUSICの範囲が広がる予定)。

これらのカウントフリーは、高速通信のまま使うことができるので、通信速度が変わらず快適に使えます。

 

昼でも快適な通信速度

はっきり言って、LINEモバイルは通信速度だけでも契約する価値があるくらいです。mineoも通信速度が悪いわけではないのですが、昼間(12:00〜13:00)の通信速度はどうしても落ちてしまう傾向にあります(mineoは普通のサイトを見るのもしんどい)。

一方で、LINEモバイルの場合は、回線にかなり力を入れているのか、平日の昼休みの時間帯でも全く速度が落ちません。下記はXperiaZ5を使って、LINEモバイルの測定を行なった結果ですが、昼の時間帯でも20Mbpsを超える速度が出ています(10Mbpsを超えて入れば、YoutubeのHDが見れるくらい快適です)

 

実際に昼の時間帯にLINEモバイルを使っていても、普通のインターネットでも快適だし、カウントフリーのSNSもとっても快適です。この通信速度の快適さがLINEモバイルの最大のメリットです。

 

このデータはLINEモバイルでXperiaZ5を使ってみたときのスピードテスト結果です。よければXperiaZ5の乗り換えについては下記でまとめているので参考にどうぞ。

 

mineoとLINEモバイルを使ってみた感想・評価

この二つはどちらも非常によくできたSIMなので、どちらがおすすめか悩むところです。普段使いするなら、どちらでも全く問題なく使えるんです。

その上で、どちらの方がおすすめかタイプ別にまとめてみました

 

今の端末がauの人⇒mineo(マイネオ)

今使っている端末がauの人は、mineoの方が良いですね。mineoならそのまま使えるので端末代(格安スマホなら2~4万円くらい)を浮かす事ができます。

 

電話をたくさん使う人⇒mineo(マイネオ)

電話をたくさん使う人は、現時点では電話のオプションを取り揃えているmineoが良いでしょう。特にビジネス等で通常の電話番号(090や080)を使う人は、mineoの5分かけ放題を使えば、通常の番号で発信可能です。

ただし、2017年夏から始まるLINEの通話定額も注目です。現時点ではIP電話(050番号)か、通常の090電話回線かは不明なのですが、もし090番号なら価値ありですね。

 

スマホや機械が苦手な人⇒mineo

こういう人は、絶対にmineoがおすすめです。理由はいくつかあるのですが、ポイントは「親切なマニュアル」、コミュニティサイト「マイネ王」で聞きやすい雰囲気があるからです。

特にmineoのマニュアルはとても親切で、これまでいくつか契約してきたマニュアルの中ではmineoが断トツでわかりやすいので苦手な人こそマイネオが良いでしょう。A4サイズで文字も大きいので見やすいです。

 

SNSを大量に使う人⇒LINEモバイル

Twitterを始めとするSNS(twitter、Facebook、instagram、LINE)をたくさん使う人は、通信量をカウントしないLINEモバイルがおすすめです。

僕もその一人で、LINEモバイルさんにはお世話になってます(下の画像は僕のTwitterのギガ数)。

 

LINEしか使わない人⇒LINEモバイル

こちらもLINEモバイルがおすすめ。ちなみに、うちの家内がこのパターンで、LINEモバイルに切り替えようか悩んでいます。

スマホに全く興味ないけど、両親に写真を送るためにLINEを使っているという人結構いると思うんですよね。その場合、1GBでも十分足りると思うので、LINEモバイルがいいんではないでしょうか。 

 

まとめ

mineoとLINEモバイルのどちらにするかは難しいところですが、基本的にLINE、twitterなどのSNSをどれだけ使うか?が判断基準と考えておけば問題ないです。

使用頻度が高い人はLINEモバイルがいいですし、そうでなければ現時点ではmineoが良いと思いますね。ぜひ自分の使い方に合った格安SIMを選ぶようにしましょうね。

 

LINEモバイルの公式HPを見てみる ⇒ LINEモバイル

mineoの公式HPを見てみる ⇒ mineo