格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、格安スマホ「LINEモバイル」の成分多め

LINE(ライン)を1つのスマホで2つ使うアプリならParallel Space(並行世界)がオススメ

人によってLINEを2つに切り分けたい人がいるんじゃないでしょうか?

例えば、仕事用と営業用や、リアルでの知り合いとオフ会などで会った人との切り分け、子供との共有などがあると思います。

そんな時に便利なのが、Parallel Space(並行世界)というアプリです。このアプリを使えば、LINEを初め、ほぼ全てのアプリを1つの端末に2つインストールすることができます。今回はその解説です。

この方法では、2つ目のLINEアカウントを取得する必要があるため、2つめの電話番号、もしくはLINEの登録をしていないFacebookアカウントを持っている人しか使えません

勘違いして、使用中のLINEアカウントで登録して、データ消えるのトラブルが続出しているようです。当ブログの記事を参考にデータが消えたとしても責任は負えないことをご承知の上、参考にしてみて下さい。

 

Parallel Space(パラレルスペース:並行世界)とは?

Parallel Spaceはandroidで提供されているアプリで、ロンドンに本社がある「LBE Tech」という会社が出しているアプリです。

並行世界 - 同時に二つのアカウントがログイン
並行世界 - 同時に二つのアカウントがログイン
開発元:LBE Tech
無料
posted with アプリーチ

 

アプリ名は「並行世界」という名前で提供されています。このアプリを使う事によって、一つのスマートフォンの中に二つのアプリをインストールすることができます。

後ほど詳しく説明しますが、簡単に言うと「1つの端末の中に、2つの待ち受け画面を作るイメージ」です。

 

「並行世界」の使い方

まずはGoogle play Storeから、アプリをインストールします。上のアプリのところからインストールできるので、そちらからしてもらっても構いません。

 

インストールが終了すると、待ち受け画面のところに目玉のようなマークが出てきます。こちらをタップすると、「並行世界」が立ち上がります。

 

立ち上げるとチュートリアル(説明)が流れるので次へをクリック。

 

ここで、自分でもう一つ作りたいアプリを選びます。今回はLINEですね。

 

LINEをインストールしようとするとFacebookもインストールしてくださいと出てきます。Facebookはログインしていなくても、二つ目のLINEは使えるので安心してください。

 

最終的にParallel Spaceの待ち受けは下記のようにLINEが表示された状態になります(この画面は私が既に使っている状態なので、別のアプリも入っています)。

 

 

2つ目のLINEも普通に使える

インストールが完了すると、「並行世界」のアプリ(待ち受け)の中に、LINEのマークが現れます。続いてこちらをタップします。

すると、LINEの新規登録画面になります。これで本来スマホに1台しか作れない、2つ目のLINEアプリを作る事ができました。

 

絶対注意すべきポイント

ここで注意して欲しいのは、今使っている電話番号でParallel SpaceのLINEにログインしないこと。表に出ているLINEのアカウントの内容が消えてしまいます。

二つ目のLINEに、別アカウントとしてログインする場合は、2つめの携帯番号か、Facebookによるログインを使って、もう一つのアカウントを作成する必要があることを忘れないでくださいね。

 

LINEはもちろん、その他のアプリも二重にできる

今回はLINEをタイトルで紹介しましたが、実は他のアプリもダブルインストールが可能です。私の場合は、TwitterとChatwork(ビジネス版のLINEみたいなもの)を使っています。

他にも、ゲームをダブルインストールすることも可能なので、複数のアカウントを使って、効率的に進める事も可能です。

 

ロック画面の待ち受け通知は選択可能

並行世界のアプリは、あくまでもアプリの中に待ち受けを作るものですが、ロック画面に通知をするかどうかを選ぶことも可能です。

設定のところから、スマートロックで、「スマートロックを無効にする」にしておけば通知が出ないようになりますよ。

 

気を付けておいた方が良いポイント

アプリ動作の安定性

あくまでのこの「並行世界」は、androidスマートフォンの中にもう一つ疑似的に待ち受け画面を作るものです。そのため、動作が不安定なアプリがあります。

実は、Twitterがまさにそれで、割と不安定なんです。

 

アプリによっては追加ソフトのインストールが必要

これもTwitterの話なんですが、アプリによっては、この「並行世界」を出している会社が提供している追加のアプリをインストールする必要があります。

この追加アプリについては、必要な時に画面に出てくるので、最初からインストールしておく必要はありませんので、安心してください。

Parallel Space - 64Bit Support
Parallel Space - 64Bit Support
開発元:LBE Tech
無料
posted with アプリーチ

 

広告が出る

「並行世界」の会社もタダでアプリを提供しているわけではなく、広告収入で成り立っています(むしろタダなら詐欺の方が怖い)。

そのため広告が出るんですけど、たまに「ウィルスを検知しました」というめんどくさい広告がでる(いわゆるユーザーを騙そうとするスパム広告)

もし気になるなら、課金しても良いと思います。google playのアカウントを使って支払いができるので、ラクチンです。1ヶ月試してもいいですし、永久ライセンスでも1280円なので、このレベルなら支払う価値あると思いますね。

 

ちょっとマニアックな「DSDSとの組み合わせ」

最近流行っているスマートフォンの中には、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)という機能を持つ物があります。

これは、一つのスマホの中に二つ電話番号を入れられる機能を持つスマートフォン

並行世界でアプリの切り分けを行い、スマホ本体の機能で電話番号を2つどちらでも受信、発信できるようにすれば、1つのスマホの中で仕事用とプライベート用を完全に切り分けることができますよ。

DSDSについては、おすすめの使い方を書いているので、よければこちらをどうぞ。

【関連1】【Zenfone3、DSDSレビュー】これは面白い!スマホの使い方が広がる優秀な機能

【関連2】【使い方別】DSDSの格安SIM組み合わせ、おすすめ3つを提案します

 

まとめ「Parallel Space」でLINEを二つインストールする方法

今回は、並行世界(Parallel Space)の使い方と、そのメリットについてまとめてみました。

スマホの待ち受けで動いているアプリの中にもう一つの待ち受けを作ってしまう「並行世界」。公私を切り分けたい人や、これまでスマホを2台持ちしていた人も上手く使えば1台にまとめて行う事ができます。

冒頭書いた通り、便利なアプリですが、上手く使わずにデータが消えるなどのトラブルを起こしている人も多いようです。いきなり本アカウントでやるのではなく、まずは捨てアカウントを作って試してみて下さいね。