読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

【徹底比較】YmobileのポケットWi-FiとSIMフリーのモバイルルーターのどちらも使ってみた感想・口コミ

無線LAN用のモバイルルーターを選ぶ場合、大きく分けて、Wimax、ポケットWi-Fi、格安SIMを使ったSIMフリーのモバイルルーターを使うという3つの選択肢があります。

今回は、これまで使った事のあるポケットWi-Fiと、格安SIMを使ったSIMフリーのモバイルルーターを比較してみました。それでは行ってみましょう!!

ポケットWi-FiとSIMフリーモバイルルーターの違い

基本的に本体のスペックに差はあるもののは、本質的には何も違いません。電波を受信して、それをパソコンやタブレットに送る役割です。

今回、比較していくのはポケットWi-Fiの「603HW」とNECのSIMフリーモバイルルーターのAterm MR04LNです。603HWはY!mobileで、MR04LNは格安SIMを挿して運用しています。

 

ポケットWi-Fiは無制限利用も可能

ポケットWi-Fiの場合は、通信量を無制限に使えるアドバンスモードのオプションを付けるかどうかを選べます(ただし、アドバンスオプションは機種によって選べるものと選べない物があるので注意)。この違いについては、下記記事で詳しく説明しています。

 

アドバンスモードはエリアが限られるものの、都市部であれば使える場所は多いので、おすすめです。ただ、地下はちょっと弱いかも・・・。

 

格安SIM(MVNO)経由で行う場合は通信会社に依存

SIMフリーのモバイルルーターで使う場合には、いろいろな格安SIMを選ぶことができます。パターンの例としては、下記のような形ですね。

  • mineoで繰越シェアを利用してスマホと運用
  • DTIのネット放題プランで使い放題に
  • DMMモバイルで大容量プラン(20GB等)を利用

 

ここに挙げている以外にも、他にもたくさん選択肢があります。それぞれの格安SIMでいろいろな特徴があるので、自分の好みで選ぶことができます。

格安SIMで使う場合と、ポケットWi-Fiで使う最大の違いは、格安SIMの場合はデータSIMで契約していれば、違約金がかからないために、簡単に乗り換えができる(やめることができる)ということでしょうか。

実際、僕自身もMR04LNで色々とSIMを入れ替えて利用しています。これまで試したことがあるのは下記の通り。

  • DTI(使い放題プラン)
  • mineo
  • LINEモバイル
  • NifMo

 

このように、SIMフリーのモバイルルーターは簡単に使い分けができるのも、面白いポイントの一つかもしれませんね。

 

ポケットWi-Fi、SIMフリーモバイルルーター、どっちが良かった?

結論、というか今メインで使っているのは、Y!mobileのポケットWi-Fiです。月額の運用料金はこちらの方が高いんですけど、満足度が全然違います。

実際にかかった値段を比較してみると、下記のようになります(SIMフリーのモバイルルーターはとりあえずmineoの3GBプランで計算)。

ポケットWi-Fiの場合

  • 本体代 約62,208円(一括払い)
  • 月額料金 2,803円(1,188円の本体割引後)
  • 3年縛り

SIMフリーのモバイルルーター

  • 本体代 15000円くらい(はっきり覚えてません)
  • 月額料金 1580円 (mineoの3GBでスマホの3GBと合わせて繰越シェアで利用)
  • 縛りなし

 

まぁ、mineoの方は3GB制限にして、Ymobileの方は無制限なので、比べるのもどうか、という問題はあるんですけど、僕が使っていたのはこういう形だったので、あくまで参考ということで。

 

これだけ料金が違うのに、Y!mobileの方で満足しているポイントは、以下の通りです。

  1. 無制限なのでYouTube聞けるし、動画も見放題
  2. 速度が速いので、快適
  3. 特にPing(反応速度)が良すぎ
  4. 無制限なので、スマホのプランも下げられる

 

まず第一のメリットとして。普段からYouTubeで音楽を聞いたり、移動中に映画見たりが、無制限で気軽にできるのは本当にストレスがないです。

 

2,3番目の話はインターネットのスピードに関わることですが、特に3番目が重要。Pingというのはインターネットに詳しくない人はあまり聞いたことがないと思うんですけど、これはインターネットの反応速度みたいなもので、この数値が低いと、画面の移り変わりが速くなる要素の一つなんです。

603HWの実測のデータはこのような形で27msという値になっています(603HWにiPhone7Plusを接続して測定)。

 

 

これが格安SIMを差したSIMフリーモバイルルーターの場合だと、だいたい50〜60msで2倍近くあります。そのため、ポケットWi-Fiの方が圧倒的に早くて、インターネットの快適さが全然違うんですよ。

値段が安いのはもちろん重要なんですが、僕にとっては仕事を早く進めて、家族と遊んだり、他のことに時間を避ける方がよっぽど重要なので、インターネットのスピードは妥協できないポイントなんです。

さらに、4つ目のメリットとして、ポケットWi-Fiをもつことで、結果的にスマートフォンの通信容量プランを下げられることが挙げられます。スマホの通信容量が大きいプランは高いですからね。うまく併用すれば、かなり安くできます。

 

これらの理由から、ポケットWi-Fiと格安SIMでモバイルルーターを使うのは、値段差はあるものの、圧倒的にYmobileのポケットWi-Fiの方が満足度が高いです。

 

まとめ

今回は、SIMフリーのモバイルルーターとYmobileのポケットWi-Fiを両方とも使ってみて感じるところをまとめてみました。

僕はモバイルルーターをかなりヘビーにつかうので603HWが良いと思っています。ただ、人によってはライトに使う人もいるでしょうから、そういう人には、値段がお手頃なSIMフリーのモバイルルーターで試してみるのもいいでしょうね。失敗しても本体代もそんなに高くないし、データSIMなら解約料もかからないですからね。