読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

kindle端末(電子書籍)とポケットWi-Fiの相性が良すぎ!外でマンガを気にせず読めるよ!

 kindle、めっちゃ便利ですよね。僕も「paperwhite」でマンガを1000冊買うくらい、愛用しています。「kindle Fire」シリーズもすごく売れているみたいですね。

このkindle端末、便利なんですけど、外でkindle端末のダウンロードどうしていますか?意外と困りません?

「Wi-Fiのある場所を探ぐ」、それとも「スマートフォンのテザリングで繋ぐ」、色々と方法があると思います。でも、色々試してきて、一番良いと思うのはモバイルルーターを使って、行う方法だと思います。

「電子書籍のデータ量」という弱点

これまではスマホを無線で接続できるテザリングを使ってkindle本のダウンロードを行なっていました。この方法は、外でもダウンロードできるし便利なんですけど、コンテンツのダウンロードに通信量がかかるというデメリットがあります。

kindle本(電子書籍)を使っている人は、共感してもらえる人も多いと思うんですけど、意外とマンガの電子書籍って、容量が大きいんですよ。ほとんどが50MB〜120MBの間ですね(カラーはもっと大きい)。JOJOとかは、タブレット(iPad Pro)でカラー版で読んでるので本当に大きい・・・。

ジョジョの奇妙な冒険 第1部 カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ジョジョの奇妙な冒険 第1部 カラー版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

例えば、月3GB(3000MB)で契約している場合、50MBの本を60冊外でダウンロードしただけで終わっちゃいますし、100MBあるようなものなら、30冊ダウンロードしたら、もう容量制限にかかっちゃいます。

そうすると、電子書籍のダウンロードが基本的に、家のWi-Fiになっちゃって外でのダウンロードをためらっちゃうんですよね。電子書籍は、本棚を持ち出せているのと同じなのに、これはもったいない。

 

データ問題はポケットWi-Fiを持って解決

いきなり答えに行っちゃいますが、僕は外でパソコン作業するために、モバイルルーターを持つようになり、一気にこの問題が解決しました。

購入したモバイルルーターは、Y!mobileのポケットWi-Fi「603HW」というもの。このモバイルルーターで一緒にkindle端末をつなぐことで解決させているんです。

 

モバイルルーターには通信制限はないの?

3日間で3GB以上通信すると使えない(2017年4月5日からは3日間で10GB)、という制限はあるものの、アドバンスエリアというエリアで使う分には月額料金に制限なく使うことができます

 

アドバンスモードと標準モードって?

Y!mobileには容量無制限で使えるアドバンスモードが使えるエリア(青)と、ソフトバンクのエリアと同一で7GB/月の容量制限がある標準モード(赤)があります。この二つの違いを簡単に言えば、次のようになります。

  • アドバンスモード:人が多い地域を中心とした電波だけど、容量無制限
  • 標準モード:ほとんどどこでも電波が届くけど、容量は7GB/月

Y!mobileには、「アドバンスモードだけのモバイルルーター」と「どちらも使えるモバイルルーター」がありますが、今回の記事で紹介している603HWは「どちらでも使えるモバイルルーター」になります。

エリアについては、Y!mobileの公式ページで公開されているので、そちらをご参考くださいね。アドバンスエリアは都会だけなんでしょ?と思われるかもしれませんが、意外とカバーしている範囲が広いですよ。

 

行動範囲がアドバンスモード適用範囲なら相性抜群

途中で書いた通り、アドバンスモードを使えば容量無制限でインターネットを使うことができます。もちろんkindle端末のダウンロードも全く気にする必要がありません。

 

スマホとの連携で容量制限を気にしない

さらに言えば、スマートフォンとポケットWi-Fiをつなぐことで、TwitterやFacebook等の意外と通信料を食うSNSや、Youtubeのデータ通信量の節約もできます。kindle端末だけでなく、スマートフォンの方もアドバンスモードで使えるメリットは非常に大きいんです。

 

ダウンロードの速度遅いんじゃないの?

Y!mobileの603HWは、最大612Mbpsという、とてつもなく早い回線速度になっています(実際に使っていても、家と同じくらい出るときがある)。kindle paperwhiteで、マンガをいくつかダウンロードしてみましたが、1分かかるようなものはありませんでしたね。

これまでは格安SIMでスマートフォンのテザリングを使って、ダウンロードしていましたが、それと比較すると、違いがはっきりとわかります。

 

値段はこれで、146円/日

アドバンスモードが搭載されているポケットWi-Fiは種類が限られていて実はY!mobileの中でも最上位機種にしか搭載されていません。しかし、端末代が実質無料(3年間端末代を割り引く)ので、データ通信料だけで運用が可能になります。

この金額が1日に換算すると146円(月4380円)。ペットボトルのジュース一本我慢すれば良いくらいです。

 

スマホの料金を安くできる可能性が高い

このポケットWi-Fiでスマートフォンのデータ通信を使うようにしておくと、もちろんスマートフォン側のデータ通信料を下げることができます。これによって、スマホの通信料を下げることができるんです。

ほとんどをこのポケットWI-Fiで運用するようになったので、月額の利用料を1GBで運用してても、全然問題ないですね。

 

人によっては家のインターネットもなくせるかも

実は、一人暮らしの人はポケットWi-Fiを使っている人が多いです。妹も、東京で一人暮らししているときはポケットWi-Fiを使っていました。

その理由はシンプルで、ポケットWi-Fiでも快適に使えて、容量無制限、そして工事不要だから、引っ越しによる違約金の心配がいらないから(転勤を心配していました)。

このあたりのないようについては、下の記事にまとめているので、よければ参考にしてみて下さい。

 

家のインターネットをなくして、ポケットWi-Fiにすることで節約できるメリットは本当に大きいです。今回のようにkindle端末でダウンロードが多い人は、容量気にしなくても良いのですごく気がラクになります。

  • スマホの値段が下げられる
  • 家のインターネット代(4000〜5000円)を節約
  • 家でも外でも無制限インターネット

 

デメリットは持ちモノが一つ増えること

単純に面倒なのが、これ。モバイルルーターを持ち運ぶ必要があるんで、荷物が一つ増えちゃいます。まぁ150gもないので、カバンの中に入れておけばOKなのですが・・・。手ぶらで出掛けたい人にはちょっと面倒なポイントかもしれませんね。

 

まとめ

kindle(電子書籍)でマンガを読みまくる僕にとっては、kindle paperwhiteは欠かせない相棒。特に、kindle unlimited(読み放題サービス)も始まってマンガを読む時間が加速している気がします。

その相棒を外出先で、仕事にしても、マンガ等のエンターテイメントにしても、データ量を気にせず使えるポケットWi-Fiの603HWは、ホント助かる存在です。

ポケットWi-Fiを見てみる→Y!mobile