格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、格安スマホ「LINEモバイル」の成分多め

楽天モバイルのコミコミプランは本当にお得か?検証(計算)してみた!

メインで使っている格安スマホとして、もっともシェアの多い楽天モバイル(MMD研究所調べ)。その楽天モバイルでは、コミコミプランという、端末と基本プランが一緒になったプランがあります。

コミコミプランは本当にお得なのかなぁ?と悩む人向けに、実際にどれくらいお得になるか検証(計算)してみました。それでは、いってみましょう。

楽天モバイルのコミコミプランの概要

楽天モバイルが提供しているコミコミプランの特徴は、次の3つがセットになっていることです。

  1. 基本料金
  2. 端末(スマートフォン)代
  3. 5分かけ放題(もしくは無制限かけ放題)

 

最初からこれらをセット契約しておくことによって、料金をお得にしましょう!という仕組みなんです。

ですから、一番のポイントは「組み合わせ前と比べてどれくらい安くなっているか?」というところになります。

詳しい料金比較は後ほど行いますが、一番下のプランを例に取ってみると、下記のように1年目は1880円、2年目は2980円という料金プランで、月額のデータ通信量は2GBとなっています。

 

ちなみに、楽天モバイルの提供しているコミコミプランは段階的に、プランS,M,L,LLの4つのプランがあります。違いは、2つあります。

  1. グレードが上がるほど端末のグレードアップ
  2. L以上は通信容量は月々4GB

 

このコミコミプランが良いと思う一つ目のポイントとして、一番下のプランSでもちゃんと使えるスマートフォンが多いということです(安かろう、悪かろうではない)。

格安スマホは安くすることが基本だと思うので、今回はプランSを中心に、料金比較をしていきます。

 

2年使った場合の料金比較

コミコミプランは2年使う事を想定したプランなので、2年をベースに比較してみました。実際に計算してみた結果が、下記の表になります(人気機種nova liteをベースにして計算)。

  コミコミプランS 通常
データ通信量 2GB 3.1GB
端末代 - 15600円
1年目 1880円 1600円
2年目 2980円 1600円
5分かけ放題
オプション
- 850円
2年合計 58320円
Δ16080円
74400円

※コミコミプランの端末代と5分かけ放題オプションは基本料金に含まれる 

 

この表を比べて見ると、本当に驚くのですが実は、コミコミプランはめちゃくちゃお得です。通常のプランで組む場合と比較して、16,080円も安くなっているので、実質端末は無料になっているといっても過言ではありません。

データ通信量が、2GBと3.1GBで差がありますが、NTTコムのリサーチによると、実は、「70%の人は月間の通信容量は1GBも使っていない」と言われています。

特に、スマホの利用がLINE中心の人や、専業主婦(主夫)で家にずっといる人の場合Wi-Fi環境下なので1GBも利用しない人は多いでしょう。

そういったことを考慮すると、コミコミプランSの価値は非常に高いと言えます。

 

セットのスマートフォンの性能も良い

スマホマニアの私としては、コミコミプランで提供している端末が、使いにくい(性能が低い)端末であればおすすめはしません。

しかし、実際のところコミコミプランSで提供しているスマホは、値段に対して性能が高いいわゆるコストパフォーマンスの良い機種ばかりです。

一部を紹介したいと思います。まずは、Zenfone3 MAX。電池持ちが優秀なスマートフォンで、2日は充電せずとも余裕で持つスマートフォンです。指紋認証も付いていて、便利な機種。

エイスース ZenFone 3 Max シルバー ZC520TL-SL16

エイスース ZenFone 3 Max シルバー ZC520TL-SL16

 

 

 P9liteは型落ちですが、Zenfone3 MAXよりもワンランク上のスペックを持っているため、処理能力は高めです。一時期、メインスマホとして利用していましたが、非常に快適なスマートフォンです。

 

最後は、上の計算でも出したnova lite。P9 LITEの後発モデルに近い位置づけのモデルです。最新モデルなのに、端末代がほぼ無料で手に入るので、一番お買い得な端末です。

 

楽天モバイルで端末を見てみる⇒楽天モバイル

 

上位のコミコミプランLでも計算

ほとんどの人はコミコミプランSで契約すると思いますが、敢えて今回は、上位プランのコミコミプランLと5GBでも計算してみました(端末はnovaです)。 

  コミコミプランS 通常
データ通信量 4GB 5GB
端末代 - 37980円
1年目 2980円 2150円
2年目 3980円 2150円
5分かけ放題 - 850円
2年合計 83520円
Δ26460円
109980円

 

こちらも当たり前ですが、コミコミプランの方がお得になります。差額は26,460円で税抜きの比較なので、実際に支払う金額としてはさらに大きくなります。 

また、3.1GBで比較した結果がこちらです。意外かもしれませんが、実は3.1GBプランと比較してもコミコミプランLはお得です。

  コミコミプランS 3.1GBプラン
データ通信量 4GB 3.1GB
端末代 - 37980円
1年目 2980円 1600円
2年目 3980円 1600円
5分かけ放題 - 850円
2年合計 83520円
Δ13260円
96780円

 

コミコミプランのデメリット

それぞれ単体で契約するよりもかなりお得なコミコミプランですが、当然デメリットもあります。ポイントは次の通りです。

  1. 2年縛り
  2. かけ放題は解約できない
  3. 2年目から料金が上がるので高く感じる

 

通常、格安SIMは1年縛りでそれ以降、違約金がかからなくなるのですが、コミコミプランは2年縛りになっています(自動更新はなし)。安くなっている裏を返せば、2年間契約してもらう事を前提に安くなっている、ということですね。

また特徴的なのが、でんわのオプションであるかけ放題が解約できないこと。オプションを解約できないのは珍しいですが、コミコミになっていることを考えるとしょうがないかもしれません。

最後は、2年目から値段が1000円程上がるので高く感じること。ただ計算の通り、実際には、通常契約よりも安いですし、キャリア(docomo、au)に比べれば、格段に節約できる(4000~5000円/月)できると思います。

 

どんな人にコミコミプランはおすすめか?

特に家にいることが多い専業主婦の人におすすめ

途中でも書きましたが、コミコミプランに1番合っているのは、専業主婦(主夫)の人です。

自宅でWi-Fiに繋いでいれば、通信量、スピードは楽天モバイルのデータに依存しないので、インターネット、LINE、Twitterなどどんどん使う事ができます。

 

スマホの用途がLINE(ライン)中心の人

コミコミプランSは、値段が安い一方でデータ容量が少ない(2GB)デメリットがあります。

しかし普段スマートフォンをLINEでしか使わない人は、月間のデータ容量は2GBもいっていないはずです。そういった人は、コミコミプランSのデータ容量はぴったりマッチするでしょう。

 

5分以下で子供など家族との連絡が多い人に

コミコミプランのメリットの一つは、かけ放題が基本料金の中に組み込まれていることです。

子供が高校生だったり、小学校で塾に通っていたりすると、帰宅の時間をちょっと電話することがあるでしょう。そういった時に、5分かけ放題で何度もちょっと電話できるのは、とても助かります。

 

楽天モバイルコミコミプランのまとめ

楽天モバイルの中で、セット契約として提供されているコミコミプランが本当にお得なのか?を実際に計算して検証してみました。

結論は、「コミコミプランはお得」ということです。上に書いたようなオススメに該当する人なら、ぜひコミコミプランを使って節約することをおすすめします。

楽天モバイルの公式HPでコミコミプランを見てみる⇒楽天モバイル

 

楽天モバイルについてもっと知りたい人は、実際に使った体験談を参考にしてもらえると嬉しいです。

【関連】【初心者向け】格安スマホ「楽天モバイル」を5カ月使った体験談を徹底解説【メリット・デメリット】