読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM情報局:ちょさき!!

最近、LINEモバイルの成分多め

楽天モバイルを3カ月使ったまとめ【楽天サービスとの組み合わせがおすすめの格安SIM】

楽天モバイル

格安SIMの中でも、最初からやっているわけではないものの、楽天の知名度を生かして、どんどんシェア数を伸ばしている「楽天モバイル」。

この楽天モバイルを実際に契約して、3カ月ほど経ったので、良い点、悪い点などをまとめてみました。かなり長いので必要なところを目次から選んで読んでもらう方がいいと思います。それでは、行ってみましょう。 

 

シェアNo.1の安心感

まず楽天モバイルの一番の特徴は「メインで使っている格安SIM」で日本で一番シェアが高いということです。

メインで使っているってどういうこと?と思われる方もいるかもしれません。要するに2台目のスマホであったり、タブレットで電話番号のないSIM(データ通信専用)を契約するパターンがあります。

ここでの「メインで使っている」とは、その人が個人的に使っているスマートフォンと思ってもらって、間違いありません。実際に、楽天モバイルは周りでもよく聞きますね。知名度が高いし、ポイント特典もあって、お得度が高いのため、使っている人が多いと思います。

 

格安SIMのメリット

楽天モバイルの詳細に行く前に、まず格安SIMのメリットなんですが、とにかく安いです。キャリアで支払っている値段がもったいなくなるほど。

下が楽天モバイルの月額の料金です。おそらくほとんどの人が3もしくは5GBを契約すると思いますが、今のキャリアの値段と比べてみてください。おそらく4000~6000円くらいは安くなるんじゃないですかね。


<楽天モバイル:料金より引用>

 

なぜ楽天モバイルを契約したの?

正直に書いたら、安いし、興味があったから、というのが理由です。

僕自身、スマートフォンなどの通信機器が大好きなので、お試しで契約してみました。どうせなら、ということでまとめて楽天モバイルで「Zenfone Go」という端末も購入しました。

詳しい感想は後で書いていきますが、普通に使えるし、ガンガン楽天ポイント貯まるし、サイコーに使い勝手の良い格安SIMです。

 

回線はdocomoを使用→エリアも同じ

ほかの格安SIMもほとんどそうなんですが、楽天モバイルも「docomoから回線を借りて」運営を行っています(他にもauの回線を使って運営している格安SIM事業者もあります)。

楽天モバイルなんて新しいところだし、使えるエリア小さいんじゃないの?と言われるかもしれません。でも実際には、docomoのエリアと全く同じなので、現時点でdocomoを使っているならそんなに気にする必要はありません。

 

じゃあなぜ安いの?

docomoと同じならなぜ安いの?という話なんですが、大きなポイントは人件費です。最近は楽天モバイルのショップも比較的増えてきたのですが、docomoなどに比べれば圧倒的に少ないです。

つまり、そういったところでかかっているショップの費用(店舗の設置費用、人件費)が必要ないのです。他にも細かいところでは設備的な話はあるのですが、今回は置いておきます。

 

余談

東京の渋谷店、大阪の心斎橋店に行ったことあるんですが、格安SIMだから対応は雑ということはなく、むしろ丁寧に対応してくれました。個人的な感想ですが、キャリアの方が雑な印象だった・・・。

 

どれくらいで元が取れる?

 人によって(解約の時の解除料によって)、違うのでハッキリと言えませんが、僕の場合は、キャリアから格安SIMに乗り換えて、月5000円くらい安くなりました。2年縛りの途中だったので、9500円の解除料とMNP手続き料金3000円で合わせて12500円支払い、楽天モバイルの加入手続きで3000円かかったため、楽天モバイルに移るための費用は、全部で15500円掛かっています

ざっくりした計算で、3カ月で元が取れますし、それ以降は5000円ずつずっとプラスになります。もちろん家族が増えれば、もっと差額は大きくなります。うちは妻も格安SIMなので、年間12万円くらい節約できる計算になります。

 

楽天モバイルの公式HPを見てみる→【楽天モバイル】

 

MNPはできるの?

もちろん、番号をそのまま引き継ぐMNP(ナンバーポータビリィ)は適用可能です。楽天モバイルを含め、ほとんどの格安SIMでは自分で行う必要があります。

「それ、めっちゃ大変!!私にできない!!」と言う人、チョット待って下さい。

やってみるとわかりますけど、めちゃくちゃ簡単すぎてビックリします。これは楽天モバイルだけではなく、他の格安SIMもそうなんですけど、楽すぎ。

楽天モバイルの場合は説明書が他よりも、とても丁寧なので、わかりやすいのも楽なポイントです。

 

申し込むために必要なものは?

楽天モバイルを申し込むために必要なものは下記の2つだけです。

  • 身分証明書
  • MNP番号(番号を移行するなら)

支払い方法は、口座振替、クレジットカード、そしてデビットカードが対応しています。これが楽天モバイルのすごいところ。

口座振替とデビットカードって、ほとんどの格安SIMが対応していないんですよね。でも格安SIMのためにクレジットカード作るのもためらうじゃないですか。そんな人のために口座振替が使えるのは本当に良いポイントです。

 

やっぱり楽天サービスとの組み合わせが最強

いろんな格安SIMを使ってみるのが趣味なんで、比較してみてよくわかるんですけど、楽天モバイルって、売り方がうまいです、いやほんとに(笑)。

楽天サービスって使っている人多いと思うんです、通販やトラベルなど。そこで貯まるのが楽天ポイントですよね。このポイントを使って、スマートフォンの支払いにあてることができるんです。

もちろん端末代を支払ってもいいし、月額の楽天モバイルの使用料金にあてることもできるんです。カードの支払いが多い人はもしかしたら、ほとんど月額料金をタダみたいにできる人もいると思います。

 

楽天市場でのポイントは+1%

組み合わせるメリットとして、楽天市場の方にもお得な特典が出てきます。それが、楽天市場でのポイントが+1%になるということ。個人的には楽天市場で1万円以上の買い物をすることが多いので、ありがたい。

さらに楽天カードと組み合わせれば、重複できるので+5%と、とんでもない量のポイントが貯まっていきます。おかげさまでめちゃめちゃポイント貯まります(その分、使ってますけど笑)。

 

端末の同時購入OK、しかも安い

楽天モバイルでは、もちろん端末の同時購入が可能です。公式ホームページで、端末を一覧を見てもらうとよくわかりますが、めちゃくちゃ安いです。キャリアのスマートフォンは8~10万円くらいが一番多いですが、格安スマホの場合は、ほとんど5万円以下。3万円以下も、たくさんあります。

しかも、楽天モバイルの場合は、キャンペーンをよく実施しているんですよね。今までキャリアだと、ある程度高額なスマートフォンしか選択肢しかありませんでしたが、別にスマホにこだわりのない層にとっては、高くてももったいないもの。そういった意味で、楽天モバイルはラインナップがピンからキリまで豊富なので、色々なニーズを満たせます。月額1000円以下の端末負担金とか信じられない・・・。

 

楽天モバイルの公式HPを見てみる→【楽天モバイル】

 

LINEとかSNOWも大丈夫?

大丈夫です。ちゃんと使えます。

回線をどこにするか(格安SIM含めて)は、アプリ自体に関係はありません。また課金が必要なゲームについても、キャリア決済にしていない限りは特に問題なく使えます。 

 

ゲームはどう?

ゲームが多い人は要注意です。ツムツム、モンスターストライク、ポケモンGoなどは性能が低くてもプレーできるのですが、中居くんがCMしているデレステや、3D映像がふんだんに使われているコンパスなどはあまり安いスマホを使うとキツイです。

こういった人には、Huaweiのmate9、もしくはhonor8がおすすめです。ラインナップの中では値段は高いですけど、処理能力が高いのでゲーム向きです。

 

docomoならそのままでOK

「端末買うのもったいないなぁ・・・」という人もいるかもしれません。ちなみにドコモのスマートフォンを使っているなら、実は何もしなくても、楽天モバイルで利用が可能です。

MNPの番号を取る必要はありますが、端末側の事前設定をする必要は何もありません。SIMが来てから、APN(アクセスネットワーク)設定をするだけで大丈夫です。

 

APN設定って?

「APN設定って初めて聞くよ、それって簡単なの?」と思う人も多いと思います。これはインターネットをつなぐ先を設定してやるもので、どこの格安SIMを契約するにしても行う必要があります。

説明書にも書いていますが、APNの設定自体は、スマホの設定画面から以下のようにAPN設定を入力(選択)してあげればOKです。下の画面は、キャリアではなくZenfone3の設定画面ですが、選択するだけなので、3分あれば終わります。

 

docomoのiPhoneは使えるの?

もちろん使えます。docomo系のiPhoneはほとんどの機能が使えます(残念ながら、使えないのはMMSのみ)。先に書いた通りLINEも問題なく使えます。

 

docomo以外のスマートフォンは?

ドコモの他のスマホは、使えるものと使えないものがあります。ちょっと、ややこしいのですが、基準は下の通りです。

  1. 2015年5月以降に販売されていて
  2. SIMロック解除済み

この2つが最低の基準です。ただ、細かいことを言えば、キャリアが違うことで電波の受信感度の問題もあるので、新しい端末を購入する方が安心して使えます

 

電波が違うってどういうこと?

docomoとSoftbankは使用している電波がほとんど同じなんですが、auは使用している電波が異なります。そのため、スマホがau用にカスタマイズされています。

アンテナと電波が対応していなければ、受信できないのでインターネットが使えない電波が出てくる(圏外になりやすい)・・・となるわけです。

 

他のキャリアでもiPhoneだけは話が別

他のキャリアのスマートフォンは使わない方が良いという話をしましたが、iPhoneだけは話が違っていて、それぞれ使っていたキャリアでSIMロック解除すれば簡単に使えます。

au、Softbankそれぞれのキャリアに行って、SIMロック解除してくださいと言えばOK。手数料は3000円かかりますが、これで楽天モバイルで使えるようになります。

 

注意ポイント

Softbankの場合、キャリアと契約中しか対応してくれないので、楽天モバイルに申し込んだら、すぐにSIMロックするようにしてください。

 

端末と同時購入ならコスパがすごい

途中でも少し書きましたが、楽天モバイルでは端末と同時購入のコスパが高すぎます。僕自身も、Zenfone Goをキャンペーンで手に入れたのですが、なんと購入価格は9,980円でした(通話SIMセット)。

この記事を書いている時に実施している、冬のキャンペーンではなんと一番安いスマホで280円、僕が買ったZenfone Goでも2,980円ですからね。どんだけ安いんだ・・・。

 

分割支払いOK

値段が安いので一括払いで払うわー、という人もいれば高級機種を買って分割払いしたいという人もいると思います。もちろん楽天モバイルでも分割払いに対応しています。

分割払いで支払えば端末代は、一番高性能なmate9でも月額2,736円、その次にハイスペックなhonor8でも月額1467円でOKです。

 

データSIMだけでもキャンペーン割引がある

メインのSIMで使う人が多いので、あまり関係ない人も多いと思いますが、実はデータSIM(音声通話の付いていないタイプ)でもキャンペーンが適用されるケースがあります。データSIMの場合は、割引の適用値段が異なるので要注意です。

 

実際に試してみた機種

Zenfone3

Android系では間違いなく一番お気に入りがこのZenfone3。このサイトで何度も言っていますが、とにかく良いです。使いやすいし、軽いし、カメラ綺麗だし、いうこと無し。あと本体がかっこいいのもいいですね。

 

Zenfone Go

これ、すごいですよ。値段安いんですけど、思った以上に普通に使える。ちょっと背面がプラスチック感溢れているので、安っぽい感じは否めませんが、まずはお試しで・・・という人や、スマホに高いお金を払う気にならないという人にはこれで十分。

海外製だからといって、侮れないです。ほんとにすごいなぁ、Zenfone Go。

 

iPhone7 Plus(SIMフリー)

 性能は文句なし。昔から使いやすかったですが、さらに便利になっている気がしますね。素晴らしい。

特に便利だと感じたのが、iPhone7 Plusに新しく搭載されたApple Pay(おサイフケータイ)の機能。コンビニや改札でわざわざ財布からカードを出す必要がなくなったので、本当に便利。

楽天モバイルでも、これらの機能はもちろん使えるので、心配いらないですよ。

 

Apple Payについてはこちら→【2017年版】iPhone7,7Plusで使えるオススメクレジットカードまとめ【Apple Pay】

 

かけ放題は助かる

でんわのかけ放題サービスはかなり便利で、格安SIMでも増えてきました。ただし、かけ放題のサービスは使いやすい会社と使いにくい会社の二つにはっきりとわかれます。そういった意味で、楽天モバイルの電話かけ放題は使いやすい。

まず使いやすいポイントの一つが、080,090の電話番号でそのまま掛けられること。

 

ほとんどの格安SIMが、それぞれの各会社が出している電話アプリを使ってかけ放題を提供しているのですが、これがうまく連携していないことがほとんどなんですよね。

一方で、楽天モバイルのアプリは、通常の電話と連携しています。そのため、普通の電話アプリで受けても、楽天のアプリからかけ直すのにストレスがないんです。

 

かけ終わった後も10円/分

5分かけ放題が終わった後の値段が高くなるんじゃないの?と思うかもしれませんですが、値段はむしろ普通の電話よりも安くて、10円/30秒です。普通に電話をかける場合の約半額の値段ですね。

 

速度は普通

楽天モバイルは速度は普通です。格安SIMの中では特別速くもなく、遅くもないイメージ。ただ格安SIMの共通点ですが、昼間は遅いです。インターネットを見るのはつらい・・・。

 

大容量プランもあり

楽天モバイルの強みの一つとして、20GB、30GBを超える大容量プランがあります。意外に大容量プランというのは、格安SIMでも取り扱いがなくて、他にはDMMモバイルなどになります。

この大容量プランは、一人で使い切る方法もありますが、家族と分け合える方法もあります。それが、複数の回線でいくつかのSIMを契約してパケットを分け合うデータシェアです。

 

ガラケーの取り扱いもあり

楽天モバイルではガラケーの取り扱いもあります。シャープが作っている「SH-N01」という端末で、まさにガラケー。

見た目はガラケーですが、実は中身はスマホなので、LINEを使うことができます。最近は、メールアドレスで連絡することが少なくなり、LINEで連絡することが多いと思います。

でも年配の方に、スマホを渡してもわからない・・・といわれることもありますよね。このガラケーなら、今までと同じように使いながら、LINEも使えるので使い始めるハードルが低いでしょう。 

 

専売モデルが多い(しかも人気モデル)

楽天モバイルは面白いことに、専売モデルを多く取り扱っています。例えば、Huaweiのハイスペックスマートフォンhonor8やmate9。他にもONKYOのGRANBEAT。

この専売モデルが、また良いモデルが多いんですよ・・・。honor8、mate9はハイスペックでバランス取れているし、GRANBEATなんてマニア向けでたまりません(これは購入予定)。

楽天モバイルでしか取り扱っていない端末は一度見てみた方が良いですね。機能的に優れたモデルが多いです。

 

【関連記事】ONKYOからスマホ付きDAP「GRANBEAT」が登場!これは欲しいぞ! 


 

ドローンもあり

誰が買うんだろ・・・と思うんですが、実はドローンも売ってます。楽天モバイルのSIMを挿して遠隔操作で操れるタイプのドローンですね。本当に色々なタイプの専売モデルを扱っています。

 

ドローンを公式で見てみる⇒【楽天モバイル】

 

楽天モバイルを使ってみた感想・評判 

安い!これに尽きる!

楽天モバイルに限らずどこの格安SIMをつかってもそうなんですけど、とにかく安い。月々夫婦で14000円もスマホに払っていたころには戻れない。なんであんなに払ってたんだろうか。

楽天モバイルに申し込んでいる人も多いし、本当に乗り換えるべきですよ。

 

対応はスピーディ

申し込んでから、楽天モバイルを使い始めるまではすごくスピーディでした。実際送付にかかった時間は、およそ2日くらいだったと思います。

家に届いたら、端末にSIM挿して開通させて、APN設定しておしまい。めっちゃ簡単なんですけど、これだけ。楽天モバイルで端末を購入していれば、APNも選ぶだけなので簡単です。

 

ポイントで買えるのは高評価

やっぱり端末を楽天スーパーポイントで支払えるのは本当にありがたいです。実は、Zenfone Goを購入した時も、楽天スーパーポイントで支払ったんで、実際の支払いは確か5000円を切っていたはず・・・。

楽天カードを同時に申し込めば、5000円分のポイントがもらえるんで、それで割引をさらに効かせるのもありですね。

 

ポイントで月額料金払えるのはもっと高評価

これが最高ですね。僕は楽天市場と出張の時にトラベルを使いまくるんで、ポイントがすごく貯まるんです。

3.1GBを契約しているので、月々の正規の支払いは1600円くらいなんですけど、ポイントが1000ポイントずつくらい貯まっていくのでスマホの月額料金がワンコインレベル・・・もはやスマホ代を払っているとは思えないです。

 

実店舗が親切

実は楽天モバイルを契約してから、心斎橋のお店に行ったことがあるんですが、すごく店員さんが親切でした。

楽天モバイルの良いところは店舗が他の格安SIMに比べると多いので、聞きやすいところですよね。店員さんも親切に教えてくれるので、本当にありがたかったです。

 

iPhone対応のユーザーズガイドが親切

楽天モバイルがすごいなぁと思ったのが、このiPhone対応用の冊子の存在。これ、本当にすごいですよ。今まで、契約してきた中で間違いなく一番わかりやすい。

格安SIMにして安く使いたいけど、iPhoneをやめたくないという人は数多くいると思うんですよね。でも、実はiPhone用の冊子を用意していない格安SIMの会社ってたくさんあるんですよ。そういった意味で、非常に高評価でした。

 

おまけ:設定の説明書について

実は格安SIMの会社によって、この冊子はかなり違いがあります。「正直、こんなんで設定できないんじゃ・・・」と思うような会社のものもあります・・・。

 

欠点、電話でSIMサイズの変更が面倒

楽天モバイルの最大の欠点はこれ、間違いない。実は解約が電話なんですよ。他の格安SIMの場合は、インターネット上で解約もMNPも手続きできるケースがほとんど。

たぶん、楽天モバイルとしても解約して欲しくないからこそこういった形になってるんだと思いますが・・・。ちょっと残念。

 

SIMサイズの変更も電話

もう一つのデメリットとして、端末に合ったサイズのSIMというのが送られてくるんですが、このSIMを機種変更などして取り替える際に、電話対応しかないという問題があります。

ただし、SIMサイズの変更については楽天モバイルの店舗でも受け付けてくれるので、近くに店舗がある人は直接行って変更してもらってもいいかもしれません。

僕自身も過去に変更してもらったことがあるのですが、その時で15分くらいの手続きで済みましたし、そのまま設定もしてもらえました。

 

昼はやっぱり遅い

格安SIM全般的な弱点ですが、昼はとにかく遅いです。文字中心のサイトでも読み込むのが辛い・・・(Twitterの画像も遅れて出てくる感じ)。

安いのでこれくらいは我慢しますけどね・・・、昼休みにスマホ見れないと無理という人にオススメできません。

 

スマートフォンの買取あり

これ利用すればよかったー、と後悔してるんですけど、いらなくなったスマートフォンを買い取ってくれます。スマートフォンって、捨てるのめんどくさいんですよね。リチウム電池の問題や、セキュリティの問題もあるし。

どうせ新しい端末に変えるなら、今のスマートフォンを買い取ってもらった方が家で眠らせるより絶対にお得ですよね。 

 

買取について公式を見てみる⇒【楽天モバイル】

 

インターネットで申し込みは不安?

インターネットでの申し込みがあるかもしれませんけど、意外に簡単です。というか、個人的にはむしろ最近はインターネットの方が楽です。キャリアの店員さんに教えてもらえるよりも時間をかけてゆっくりと条件を読めるし、確認しながら進められます。

しかも、「やっぱりやめよう」となっても簡単に辞めることができますからね。オプション勧められて断れない人こそ、インターネットでの申し込みの方が無難だと思っています。

 

こんな人にはオススメしない

色々と、良いところ悪いところを書いてきました。基本的にこれまで書いてきたのは我慢すればなんとかなるところですが、絶対にオススメしないパターンもあります。それがdocomo等のキャリアメールが必須な人

既に連絡先としてかなりの数を登録している人はもちろんのこと、厄介なのが、銀行のインターネットバンキングに登録している人。銀行のインターネットバンキングのログインIDを忘れた時のひも付きメールはキャリア(docomo、au、Softbank)のメールを指定されることが多いんです。

もし、銀行のネットバンキングでキャリアメールを指定しているなら、登録するのはやめておいた方が無難です。

 

まとめ

ここまで長文をお読みいただきありがとうございました。ここまで読んでいただいて、なんなんですけど、楽天モバイルは良くも悪くも普通のSIMです。むしろ格安SIMとしての実力よりも、楽天ポイントとの併用で実力を発揮するタイプ。

しかし、端末と一緒に購入する場合は割引キャンペーンのおかげでかなり安く買えるケースが多いので、新規購入する場合はちゃんと考えてやった方が無難です。

 

公式HPを見てみる⇒【楽天モバイル】