読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

【設定が不安な人へ】格安SIM(MVNO)の中で説明書が親切なランキング

格安SIM(MVNO)

f:id:tonashiba:20160805004939j:plain

今回はちょっとネタみたいな比較記事です。どもども、タカサキセイゴです。

これまで格安SIMを「mineo」「fiimo」「DTI」「NifMo」「Wonderlink」と使ってきました。もちろん購入すると、契約書が送られてくるんですがそれにかならず付いてくるのが、取扱説明書(スマホの設定方法)。

今回は、今まで契約した格安SIMの取扱説明書のわかりやすさにランキングを付けたいと思います。なおこの記事は、上記の他に契約をすると随時追記する予定です。それでは、ドーゾ!!

 

 

第5位 Wonderlink(ワンダーリンク)

パナソニック系の格安SIMであるWonderlink(ワンダーリンク)。SIMスロットのついたレッツノートを販売していることもあり、500kbpsで使い放題など、特徴的なプランが持ち味です。

もう解約してしまいましたし、取扱説明書も捨ててしまったので写真が残っていなくて申し訳ないんですが、Wonderlinkの取扱説明書は凄かった、逆の意味で。多分これだけ見ても誰も設定できないんじゃないかと感じるくらい。たしかAPN設定のIDやパスワードだけ書いた紙一枚しかなかった記憶があります。

 

 

第4位 DTI(ディーティーアイ)

f:id:tonashiba:20160805003651j:plain

酷評したwonderlinkに引き続き第4位にしていますが、DTIの説明書は書いてある量は少ないながらも、わかりやすい。正直、Wonderlinkとは1位以上の差があります。

DTIの説明書は特に、iPhone系の設定はわかりやすく書いてある印象です。ただ、これだけだと、苦手な人はちょっと難しいかもしれません。

 

 

第3位 NifMo(ニフモ)

第3位に付けたNifMoは、p9liteの端末と同時購入したので、androidや、iPhone等の汎用的な設定方法は載っていませんでした。その理由はp9lite自体に既に設定がされていて、SIMを差しこむだけで使えるから。

それでも、上位に付けたのはNifMoならではのサービスである「NifMoバリュープログラム」等、おまけのサービスについても詳しく説明がなされていたから。NifMoを選択する人の中には、月額料金還元サービスありきで選んでいる人もたくさんいるでしょうから、このあたりの説明が詳しく書かれているのはとても良いと思います。

 

 

第2位 fiimo(フィーモ)

f:id:tonashiba:20160805003656j:plain

四国電力の関連会社STNetが提供している格安SIMがfiimoです。fiimoという名前が付いていますが、実態はmineoから回線を借りている格安SIMになります。

そのため、fiimoの格安SIMの設定取扱説明書は"mineo"のものによく似ています。言い換えればmineoの取扱説明書がわかりやすいということなのですが・・・詳しくは後ほど。

説明書は丁寧ですが、通信速度が遅い(2016/07段階で遅かった)ので、ちゃんと注意するようにしておいてくださいね。

 

 

第1位 mineo(マイネオ) 

f:id:tonashiba:20160805003652j:plain

はっきり言って、取扱説明書としての内容の充実度は圧倒的にmineoが高いです。というか、これを書くためにこの記事を書いたようなものです。

僕は初めて契約した格安SIMがmineoだったため、この冊子で書かれているような内容がスタンダードだと思っていましたが、これは最上級クラスだったんですね。最初にあたりを引いてて本当に良かったなと思っています。

 

mineoの説明書の良さを語り始めればきりが無いのですが、まずは冊子がしっかりしていることが挙げられます。この冊子一つで、「mineoで端末を買った場合」、「androidの場合」、「iOSの場合」といくつものパターンに対応しています(残念ながら、僕が持っているバージョンでは、Windows phoneについては記載がありませんでした。最新版はわかりません)。

f:id:tonashiba:20160805003653j:plain

 

mineoはau網を使ったAプラン、docomo網を使ったDプランを使えるマルチキャリア制になっています。取扱説明書ももちろんAプラン用、Dプラン用と2種類取り扱いがあることも驚きの一つでした。 

AプランとDプランは、基本料金が少し違うのに加えて、実はオプション料金の違いがあります(例えばAプランは留守番電話が標準だけど、Dプランはお金がかかるとか)違いを併記してややこしくせず、それぞれの冊子で料金を説明しているところはユーザー目線だなぁと感じますよね。

 

また説明書が親切だなぁと思うポイントの一つが、通常のAPN設定(通信設定)などに加えて、LINEの設定方法などもきちんと明文化されています。本来ここまでやる必要はmineoにはないんですが・・・素晴らしい取り組みだと思います。

f:id:tonashiba:20160805003655j:plain

 

 

取扱説明書が親切なランキングまとめ

「僕が使っている」という前提が入っているので、ランキングには契約したことのない「BIGLOBE」とか、「IIJ」などが入っていません。冊子がどんな感じのものなのか、それだけでも見てみたいですけど・・・契約しないと見れないですからね。これはしょうがない。

1位に付けているmineoの取扱説明書は本当に親切。これで設定できないくらいスマホ音痴なら、素直にdocomoを始めとする大手キャリアを使っている方が良いと思います。設定できるかどうか、自信ないわーという人は説明書の親切なmineoを選ぶことをオススメしますよ。

 

説明書が親切なmineoの公式HPを見てみる >>> mineo