格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

【ビジネスに】格安SIMでどこでも繋げるSIMフリーPCを6種類紹介します!

最近たくさんSIMフリーのパソコン(4G LTEに対応して無線LANにつながるPC)が出てきています。中には、コスパの良いものや、軽量なのにハイスペックなものも販売されています。

今回は、そういったSIMフリーのノートパソコンを紹介していきたいと思います。実は僕も狙っている「YOGA BOOK」もあります・・・。気が向いたら買うかもしれないものも合わせて紹介していきたいと思います。それでは行ってみましょう!!

VAIO S11

SIMフリーのパソコンの中では、モバイル性、性能面で見ても、非常に魅力的なVAIO(バイオ)S11。値段もそれなりにしますが、予算に合わせてカスタマイズできるのもポイントの一つ。

ヨドバシカメラなどの大型家電量販店なら、カスタマイズモデルの注文ができます。もしそうでなければネットで予算に合わせて自分でモデルを選んで注文する方法もあります。

デザインのかっこよさもさることながら、HDMIやVGAという端子を一通り揃えているのも良いポイント。ビジネスシーンで活躍しそうです。

 

レノボ YOGA BOOK

僕が狙っているSIMフリーのノートパソコンがこのレノボの「YOGA BOOK」。このパソコン、SIMフリーなのに新品でめちゃくちゃ安いんです(その分スペックもそれなりですが・・・)。

キーボードがタッチパネルになっているHaloキーボードを搭載していたり(バイブレーションで打鍵感を持たせている)、2024段階の筆圧を検知するペンが付属していたりと遊び心満点の端末。趣味で買うにはめちゃくちゃ面白そうです。

価格.comで評価が低いのが気になるところなんですけど、遊びで買っちゃうかも。

 

レッツノート SZシリーズ

堅牢性が自慢のパナソニックが販売しているSIMフリーのレッツノート。ビジネスシーンでは、レッツノートは最強のPCだと思ってます。使っている人がとにかく多いのもうなずけます(僕もそうでした)。

SIMフリー端末は持ち運びが前提になっているため、コンパクトをウリにしていることが多いですが、このSZの場合は光学ドライブが付いているところなど、ビジネスベースな端末になっています。

 

Microsoft Surface3

あんまりオススメはしませんが、マイクロソフトから販売されているSurface Pro3もLTEに対応しているモデルがあります。Y!mobileからもセット販売されていますね。

何を重視するかによりますが、ペン入力を使わないなら、VAIO S11の方が良いと思いますが・・・いかがですかね?

型落ちになっていることで値段がだいぶ落ちているので、狙い目ではあります。

 

dynabook R82

dynabookからもLTE対応のノートパソコンが出ています。上のリンクは、Wi-Fiモデルですが、公式ストアでは、LTE対応モデルが販売されています。

ただ、一番下のモデルでも定価がかなり高いのがネック・・・。VAIO S11や、次に書いているHPのElite x2 1012の方がコストパフォーマンスの面で見ても良さそうですね。

 

 HP Elite x2 1012

これがVAIO S11の対抗馬だと思います。HP製ということもあって、同じレベルのVAIOと比べればかなり価格は安めで魅力的(CPUがmシリーズなのでちょっと弱めですが)。VAIOとの見た目の大きな違いは、キックスタンド形式になっていることでしょうか。

このモデルの面白いところは、au回線に対応したモデルがあること(他のSIMフリーパソコンは、docomoかY!mobile回線のみ)。普段使う場所が、auエリアなら、mineoか、UQmobileあたりの格安SIMを入れてみてもいいかも。

家のwindowsのノートパソコンを買い換える時期に来ているので、メインのパソコンをこれか、VAIO S11に買い換えるかも。 うーん、悩みどころですね。

 

SIMフリーパソコンまとめ

SIMフリーで使えるパソコンを6種類紹介しました。とはいっても実際にスペックと価格のバランスを見ておすすめできるのは一部ですが。

ここで紹介したパソコンは基本的にdocomoのLTEが使えます。docomo回線で快適に使うなら、mineoのDプランがオススメ

mineoは、画像や動画のダウンロードに制限をかけていないので、快適にインターネットが可能ですし、もし速度が欲しい場合はプレミアムコースのオプションをつけることで時間帯を問わず快適に使えますよ。

公式HPを見てみる → mineo