読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM情報ブログ:ちょさき!

最近、LINEモバイルの成分多め

【口コミ、レビュー】ワイモバイルを3週間使ってみて感じたメリット、デメリット

f:id:tonashiba:20160731080307j:plain

先に結論から言いましょう、「めちゃくちゃ良いですワイモバイル」

ワイモバイルのSIMを契約してから、およそ3週間が経過しました。以前の記事で書いたように、iPhoneSEで使っています。今回は、そのレビューをお伝えしたいと思います。

電話がかけ放題って、素敵!!

まずやっぱりこれでしょう。ワイモバイルは、月々10分間×300回までの通話なら無料になります。docomo、softbank、auなどのカケホーダイプランと似たような感じですね。僕は、普段、研究職として働いているのですが、実験の関係で色々な建物を行ったりきたりします。

その都合で、同僚から直接スマホに電話が掛かってくることが凄く多いんですね。しかも、歩きながらポケットに入れているので、気づかないことも多々・・・。そうすると折り返しの電話が必要になりますが、当然その際には電話料金がかかります。

 

短い通話で30秒以内であっても、1回につき20円。30秒につき20円かかりますから、6分電話すれば120円でもうすぐ飲み物が買えてしまいます。仕事の電話ですから、長時間の電話になることもしばしば。

そういったことを考えると、電話カケホーダイになっているのは本当に助かります。いちいち電話代を頭に浮かべて通話しなくてよいので気が楽なんですよね。

 

通話品質は、ソフトバンクの電波を使うので高品質なものになるので、IP電話(LINEの通話)のように途切れたりする事はありませんし、090,080で始まる番号で掛かるので、相手の事を気にする必要がないのも一つのメリットです。 

 

 

インターネットの通信スピードが速い

ワイモバイルは他の格安SIMと異なり、独自回線を持っています。そのため、通信速度が安定的に速いことが特徴です。通信速度については、別途記事にしていますが、他の格安SIMとは比べものにならないくらい圧倒的に速い結果になっています。

 

 

電話代の変動がないことが地味にうれしい

ワイモバイルは電話カケホーダイになっているので、ほどんど電話代の変動がありません。これって地味に嬉しいんですよね。家計簿つけるの楽なんで(笑)

 

 

やっぱり月々の料金が安い

僕は3GBプラン(データ2倍増量キャンペーンで6GB)のプランで契約していますが、月1000円割引しているので、2980円/月。全部コミコミの価格でこの値段は本当にありがたい。通常、キャリアが6000~7000円くらいな事を考えると、差額は3000~4000円。年間に直すと、36000~48000円も違ってきますからね・・・。家族が増えると・・・凄い差になります。

 

 

iPhoneのMMSが使える

格安SIMをiPhoneで使う場合、ほとんどでMMSが使えません。ところが、ワイモバイルの場合、オプション料金も必要なくMMSを使う事ができます。実際に使う方法もこのブログにてまとめていますので、良ければ見てみて下さい。

 

 

端末のラインナップがイマイチだが・・・

ワイモバイルの端末ラインナップは正直なところイマイチです。個人的に良いと感じるのは、Nexus5Xくらい。他は普通ですね。これが、デメリットのうちの一つです。

ただし、ワイモバイルはSIMカードのみを販売しています。そのため、SIMフリースマートフォンを簡単に使いやすい状況になっています。何を隠そう、僕自身もワイモバイルは、アップルの公式ストアでネットから購入したSIMフリーiPhoneSEを使って普段からワイモバイルを使っています。

 

他にも、ファーウェイのp9liteをはじめとした、androidスマートフォンでも使えるので、公式に販売している端末ラインナップに弱さがあるものの、多種多様なSIMフリースマートフォンラインナップがあるので安心です。

 

ワイモバイルの公式ストアで端末ラインナップを見てみる?→Y!mobile

 

 

iPhoneではテザリングが機能制限されている

残念ながら、SIMフリーiPhoneとワイモバイルの組み合わせではテザリング(タブレットやPCに電波を飛ばして、インターネット接続する方法)は使えません(ワイモバイルから公式に販売されているiPhone5sなら可能)。テザリングを使わないなら気にする必要はありませんが、おさえておきたいポイントです。

 

一方で、SIMフリーのandroid機であれば、一部の機種にてテザリングを使う事が可能なので、android機で使おうとしている場合、事前の確認は必要になりますが、使えればデメリットにはなりません。

ちなみに、テザリングの利用料はdocomo、softbnak、auではテザリング利用料として500円/月がかかるのですが、ワイモバイルの場合はかかりません。これはコスト的にメリットの大きい部分です。

 

 

いざとなれば、家電量販店にスタッフがいる

これも重要なポイントでしょう。買ったはいいけど、使い方がよくわからない・・・という人も少なからずいるはず。僕は店舗での待ち時間が大嫌いなので、スマートフォン関連の契約をするなら必ずネットでするようにしているのですが、いざとなれば家電量販店を訪れれば、使い方を聞くことができます。店舗を多く構えているワイモバイルならではの、メリットですね。

 

 

まとめ

長々と書きましたが、本当に契約して良かったです、ワイモバイル。SIMフリーのiPhoneで、通信速度も快適、通話もし放題ということであれば文句はありません。格安SIMよりも少しだけ値段が高いのが玉に傷ですが、品質を考えれば十分です。

ぜひ一度、オンラインストアで試算してみて下さい。スマートフォン買い替えても、月々の値段が下がる可能性は十分にありますよ。

 

ワイモバイルの公式ストアを見てみる?→Y!mobile